安田尚憲選手(履正社)の身長,体重など紹介!!ヤクルトが狙っている!?

先日2016年ドラフト会議が終わりました。



また今日から来年のドラフト会議まで

注目の選手たちを取り上げていきたいと思っています。


早速今回取り上げる選手は

履正社

安田尚憲選手について調べてきました。

スポンサーリンク


・安田選手のプロフィール






名前:安田尚憲(やすだひさのり)

出身:大阪府吹田市

身長:188cm

体重:92キロ

右投げ左打ち(内野手)

豊津第一小(タイガースJr)
→豊津中(レッドスターベースボールクラブ)
→履正社




経歴


小学校6年のころに


タイガースジュニアに選抜されています

現在のプロ野球選手のなかにも
こうした12球団の○○ジュニア出身の選手が多いですよね
(ex:オコエ瑠偉,森友哉,松井祐樹など)



豊津中に進学すると
軟式野球部には入らず


レッドスターベールボールクラブ
硬式野球を始めます。



この球団のオーナーは
元阪神タイガーズの赤星憲広選手なんですよね




高校は大阪の名門
履正社高校に入学



先日ヤクルトからドラフト1位指名を受けた

寺島成輝選手


2年連続トリプルスリーを達成した

山田哲人選手

の母校ですね


・高校入学後の軌跡



1年生の秋から5番サード
として試合に出場していました


冬を越え迎えた2年の春には

これまで通算8本のホームラン数を
大きく上回る

21本塁打を記録


そのおかげで春の大会では
チームの4番を任されるようになり、近畿大会優勝に大きく貢献しました



夏の大阪府大会では
全8試合に出場し

打率.520
本塁打2
打点15



と大活躍


2010年優勝した際の山田哲人選手の成績は

打率.413
本塁打1
打点13





高校2年の時点で
のちにトリプルスリーを達成する
山田選手の成績を越えているんですよね。



そして、2016年の夏に出場した甲子園大会では

全3試合に出場し

打率.333
打点1
本塁打0



本人としても周りからしても納得いく結果では
なかったようですが、


確実に今年注目すべき選手ということは間違いないですね


・安田選手はサラブレッド!?



家族を少しだけ紹介していきます。


安田選手のすごさがある意味納得できるかと思います



父:安田功さん

大阪薫英女学院駅伝部の監督さん

2014年に全国高校駅伝で優勝した指導者ですね



母:安田多香子さん

国体などにも出場する
やり投げの選手
でした

近畿大会優勝の経験もあります


兄:安田亮太さん


現在三菱重工名古屋で
社会人野球をしてらっしゃる方です

経歴は
PL学園→明治大学


あの現ドジャースの前田健太選手とバッテリーを組んだ経験もあります



アスリート一家で育った安田選手


やはり気になるのはその身体能力


それでは安田選手の能力を解説していきます。

スポンサードリンク





・安田選手の野球の実力(動画込み)



注目されているのはやはりその打撃

10月21日現在で
高校通算は38本塁打


バッティングフォームはこちらからどうぞ



構えを見た瞬間

横浜高校時代の筒香嘉智選手だ


と思いました


ややオープンスタンスで、
重心を下げ
懐の広いバッティングフォームをしています



ボールを見る姿勢がスラッガーという感じがしますね



スイングする際にも
目線のブレがほとんどありませんし


最後までボールを見て(顔を残して)スイングしています


またグリップの位置が非常に安定していますので
打ち損じが少なく、最短距離で
ボールを叩けていますね



今回載せた動画でびっくりしたのが


バットを最後まで振り切っていないこと


もう一度見てみてください


普通ならスイングした後
フォロースルーを大きくしないと


ボールは遠くまで飛んで行きません。


安田選手はまだ10割のパワーを出さずに
ホームランを打ったことがわかります。



と同時に、上半身に頼らない
下半身でバッティングしていることがよくわかります。




安定した下半身があるからこそ、
今回甲子園で、変化球に崩されることなく
ヒットを打つことができました




甲子園出場を決めた際には
ぜひホームランを打って欲しいものですね



それでは最後までご覧いただきありがとうございます

2017年注目選手を他にも取り上げてみました
皆川喬涼(前橋育英)選手はドラフト注目選手!!読み方は?

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です