サブロー(ロッテ)が引退表明!! その理由は?今後の進路は!?

千葉ロッテマリーンズの

サブロー選手が引退を表明しました


野球を始めた時から
「サブロー」という選手が好きだったため

少し悲しい気持ちでいっぱいです



知らない人のために
サブロー選手のこれまでの戦績等をまとめてみます

スポンサーリンク


・サブロー選手のプロ野球人生



本名:大村三郎

生年月日:1976年6月1日

出身:岡山県岡山市

出身高校:PL学園(1994年のセンバツベスト4)

右投げ右打ちの外野手

背番号3




1994年のドラフト会議にて

千葉ロッテマリーンズから1位指名を受けて入団します


背番号は名前にちなんで
[36番]


表記も「サブロー」としました



1997年に背番号が
36番から2番に変更


ロッテは外野陣の層の厚さから
試合出場機会はあまりありませんでした。



プロ5年目の1999年に
1シーズン100試合以上に出場



チャンスが与えられ、翌年2000年には
プロ初ホームランを放ち、外野手としてレギュラーに定着します



2002年に
オールスター初出場

そして1シーズン
131試合に出場。
打率.286
9本塁打
13盗塁



プロ野球の顔になりつつあったサブロー選手




2004年に
現在の背番号である3番に変更



そして翌年2005年


プロ初の4番バッターを任されるようにもなり

チームを
31年ぶりの日本一に貢献




日本一になった年よりも
鮮明に私の記憶に残っているのが


北京オリンピックの予選


VS韓国戦では同点タイムリー

VS台湾戦では同点スクイズ



とテレビで見ていて興奮しました。

特に台湾戦は今でも覚えています。


しかし残念だったのが、北京オリンピックの代表には漏れたんですよね。。。



実は2011年に
巨人へ入団しますが、わずか1年たらずで
千葉ロッテに戻ります

ちなみにその時の登録名は「大村三郎」でしたね



ロッテに再入団にするも
助っ人外国人の補強や
若手外野手の流入によって

試合機会が少なく



今日8月31日をもって
オフィシャルサイトにて引退を表明しました




引退理由としては
・成績が思うようにあがらないこと
・40歳まで野球ができた(一つの節目)



が主な理由だと思います



打席に入る時の入場曲「栄光の架橋」は
今でも忘れられませんね

スポンサードリンク




・サブロー選手の記録と今後



今一度、サブロー選手の獲得したタイトル等
詳しい実績をまとめてみました



表彰の部


ゴールデングラブ賞:2回
(2005年、2007年)

日本シリーズ優秀選手賞:1回
(2005年・打率.235 安打4 本塁打1 打点4)

月間MVP:1回
(2007年6月 打率.392、安打29、本塁打2、打点18。打率・安打・打点は月間リーグトップ)


JA全農Go・Go賞:1回
(最多二・三塁打賞:2002年8月)

セ・パ交流戦優秀選手賞(日本生命賞):1回
(2007年 打率.347、安打33、本塁打3、打点23。打点は12球団トップ)


パ・リーグクライマックスシリーズ第1ステージMVP:1回 (2007年)





節目の記録



・1000試合出場:2007年8月15日
対西武ライオンズ16回戦(千葉マリンスタジアム)
4番・右翼手で先発出場 史上421人目



・1000本安打:2010年4月17日
対オリックス・バファローズ4回戦(千葉マリンスタジアム)
5回裏に金子千尋から左中間へ2ラン 史上257人目



・100本塁打:2010年7月20日
対北海道日本ハムファイターズ14回戦(札幌ドーム)
5回表に木田優夫から中越ソロ 史上261人目



・1500試合出場:2012年5月31日
対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)
4番・左翼手で先発出場 史上176人目




改めて見ると、プロ野球界に名を残した名選手の一人ですよね



そして、今後の気になる進路は
プロ野球関係の仕事はつかないのかなぁと思います



なぜなら
サブロー選手自身がオーナーの

「千葉幕張ボーイズ」というボーイズリーグのチームが
ありますので
今後はここの指導等を行われるのではないかと
予想されますね




サブロー選手本当におつかれさまでした



千葉幕張ボーイズについては
こちらからどうぞ

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です