秀岳館の田浦文丸選手はドラフト候補の左腕!!出身,読み方は?


2016年の春夏の甲子園連続ベスト4入りした

秀岳館高校から


当時2年生でマウンドを任されていた


田浦文丸選手を取り上げてみたいと思います。


4季連続甲子園出場を決め、
今年ことは全国制覇を狙っています!!


スポンサードリンク


・田浦選手の基本情報



名前:田浦文丸(たうらふみまる)

出身:福岡県大野城市

身長:170cm

体重75キロ

左投げ左打ち(投手)

出身中学:平野中学




小学生の頃に軟式野球を始めました。



平野中学時代は


軟式野球部に所属せず

糸島ボーイズに所属



2年のジャイアンツカップでは
準優勝という結果をのこします


なんとその時の相手が
オール枚方ボーイズ



その時のオール枚方のメンバーのほとんどは
秀岳館に入学


キャッチャーの九鬼選手
ピッチャーやセカンドを守る堀江選手
U-18に選ばれた松尾選手


などがいます。



おそらく、この試合を経験しなかったら
田浦選手は秀岳館に進学しなかったかもしれませんね




ちなみにその試合は田浦選手はライトの
ポジションを守っていました。



春の甲子園ではリリーフとして
マウンドを任され

2試合4回と2/3を投げ
被安打3
奪三振8
自責点3



とまずまずの成績



夏の甲子園では
3試合9回と1/3(先発1試合)をなげ
被安打7
奪三振5
自責点1



出場した春のセンバツ大会では


全2試合14イニングを投げ

被安打13
奪三振11
自責点3



去年の夏よりも成長していますね


3年最後の熊本大会も見事制し、
甲子園で素晴らしいピッチングを期待しています



次に田浦選手の能力をみていきましょう

スポンサードリンク




・田浦選手の能力




小柄ながらも球のキレ、マウンド度胸共に
素晴らしいものをもっています


ストレートの球速は
MAX148キロ


常時130キロ後半から140キロ前半をだしますね



球種は
・ストレート
・スライダー
・カーブ
・チェンジアップ



という情報があります


投球フォームはこちらから



ワインドアップから一度グローブをまた胸の位置にもどし

足を上げた時に一度タメをつくって 
それからボールをリリースしています



ややスリークォーター気味の投げ方で


変化球、特にスライダーのキレがいいですね




左バッターが一度体をのけぞるくらいですから
そのキレは本当に素晴らしいと思います



腕の振りが速球、変化球ともに一緒なので
バッターとしてもこれはかなり打ちにくいかと思います。



130キロを超えるストレートを軸に
スライダーやカーブでカウントを整えることができる
とてもいい投手だと思います




おそらく次甲子園に出てくるまでには


右バッターに対する決め球
をひとつ持っているとこれまた
楽しみなピッチャーになりそうです




同じチームメイトに2人の記事も併せてご覧ください
秀岳館川端健斗選手は2017年ドラフト注目投手!!
廣部就平選手(秀岳館)の出身中学,経歴,能力など紹介!!

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です