松山聖陵アドゥワ誠選手はドラフト注目投手!!その身長は!?

7月31日現在、

今日で甲子園出場校がすべて決まりますね


今日は大阪と神奈川で決勝戦があります。



甲子園開幕も近づいてきました。



研究所としてもどんどん注目選手を取り上げていきたいと思います。


さて今回取り上げる選手は



愛媛代表松山聖陵から

エースの
アドゥワ誠選手
を見ていきましょう。



松山聖陵は春夏通じて初の甲子園です。

スポンサーリンク


・アドゥワ選手の基本情報

アドゥワ選手は

熊本県熊本市出身

名前だけ聞くと、

「ハーフ?どこの国の人?」


って思うかもしれません。


父がナイジェリア人
母が日本人


のハーフですね



1年前に甲子園を沸かせたあのヒーロー


オコエ瑠偉選手
もナイジェリアと日本のハーフ



今年はアドゥワ選手が甲子園のヒーローに!!



小学1年から野球をはじめ、

中学では硬式ボールを扱う
シニアリーグ、熊本中央シニア所属



大きな実績を残したという情報がありませんが


その時から投手とショートの両方をやっていたそうで


チームの中心選手だったことがわかります。



高校は熊本の高校ではなく、松山聖陵高校に入学



1年の秋の大会からメンバー入りし


登板するものの


チームは未だ甲子園出場なし



愛媛県内では、成績を残すも、

四国大会では8強が最高成績でした。



そして今回最後の夏


アドゥワ選手は
6試合中5試合に先発

計41回と2/3を投げ

奪三振23
四死球10
防御率1.94



とエースとしての役割を果たし、見事甲子園出場に
貢献しました。


2回戦、第一シードの川之江戦では1失点完投勝利もあげています



少し家族についても触れると、


母の純子さんは
元ダイエーのバレーボール選手

兄のアドゥワ大さんは
2014年の九州国際大付属の控え投手として
甲子園出場をしています。

(チームは東海大四戦で一回戦敗退)

スポンサードリンク




・アドゥワ選手の能力


身長:196cm
体重:86キロ



やはり身長は野球選手の一つの宝であり
センスとも言えますね



細身の体格でありながら、潜在能力はおそらく
今大会出場校ピッチャーで最も高い投手だと思います。



遠投115mの強肩と
その恵まれた身長を生かし


ストレートの球速は
MAX145キロ


肉体的な部分が完成されれば、
150キロは軽々超えるかと思います。



球種は
・ストレート
・カーブ
・スライダー
・チェンジアップ



という情報があります



投球フォームを見ていきましょう
こちら


ストレートの球速は常時135キロ前後


ゆっくり足をあげ、腕をムチのようにしならせ
ボールに力を伝えています。


高めのボール球にバッターが手を出しているので
球速以上の速さを感じているのかもしれません



あとは、低めに決まった時の残像が残っている可能性もありますね


指にかかった低めのボール
なかなか打てない球だと思います


ただ、やはり未完成の部分が多く、

一つは


下半身の力がうまくボールに伝わっていないこと

試合の後半にもなると
やや立ち投げなのかなぁという印象を受けました。


そしてもう一つが

左手が遊んでいること


ピッチャーはボクシングと一緒で


両手でボールを投げるんです


どういうことかというと

ボクシングも右ストレートを打つときに

右手が前に出るのに対し、
左手は後ろに引きますよね??


そうすることによって力の伝達をしやすくしているのですが



アドゥワ選手は、左手がぶらぶらしている状態で。




修正点が多い分、伸び代がかなりあると
期待していいかと思います。



初出場を決めた松山聖陵のアドゥワ選手に
注目していきましょう




他にも注目投手を取り上げてみました
履正社の山口裕次郎選手はドラフト候補!!進路は阪神!?

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です