龍谷大平安の岡田悠希選手は2017年のドラフト候補!!

センバツが終わってまたこれから各地区で


春季大会が始まりますね


都道府県によっては夏のシード校が決まる
結構重要な大会だったりしますね





春季大会、夏大会にむけてまた
注目選手を取り上げていきたいと思います



今回取り上げる選手は

センバツベスト4の

龍谷大平安から


2年生の岡田悠希選手
に焦点を当てていきたいと思います。


スポンサーリンク


・岡田選手の基本情報



愛知県犬山市出身


広島の八本松小1年のときに野球を始め



八本松中には軟式野球部に入らず


硬式ボールを扱う

ヤングリーグの
府中広島2000に所属




高校は
京都の甲子園名門校

龍谷大平安に入学し



入学早々1年の春からベンチ入りを果たします



早い段階から外野手のレギュラーの座を奪い


1年の秋季大会

京都府大会優勝
近畿地区大会ベスト4




甲子園出場を果たしました



その秋季大会もチームトップの3本塁打
と打撃センスを発揮


甲子園初戦の明徳義塾戦でも

バックスクリーン右横に放り込む
ホームラン




守備でも再三のピンチを救った好プレーを見せてくれました


スポンサードリンク




・岡田選手の能力



身長:182cm
体重:79キロ



恵まれている体格から想像できない
器用なプレーをします



注目されているのはバッティングですが


ドラフト候補に挙がる選手は


・肩の強さ
・足の速さ
・打球勘


が注目されているかと思います


なぜこの要素かというと


練習ではなかなか上達しない要素=センス

だからです



肩の強さは
遠投120m
(スーパー高校級)


足の速さも
50m6秒2
1塁到達4.2秒



とセンスもあるかと思います



そして注目のバッティングを見ていきましょう

こちらからどうぞ
(1:15~)


オープンスタンスで構え、すり足でボールを引きつけ
スイングしています



重心を下げ、派手に足をあげず
無駄ない動きから


安定したバッティングが見られるかと思います



このホームランを見て思ったことが


インパクト後のフォローするが大きいということ



プロ野球では
T岡田選手のようなスイング軌道です



バットコントロールも評価されていますし



外野手としては一定以上の守備が守れることから
注目を集めています



この春季大会、そして夏大会
龍谷大平安のT岡田選手に注目していきましょう笑


同じチームメイトと西川選手も取り上げましたので
ご覧ください
龍谷大平安の西川藍畝選手はドラフト候補!!読み方は!?

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です