センバツ準々決勝第三試合のスコア速報と内容

センバツ高校野球準々決勝第三試合


秀岳館VS木更津総合

のスコア速報と

この試合のポイントとなった場面を

分析して紹介します


スポンサーリンク


・この試合のスコアと内容


木更津 000 100 000 ‖0
秀岳館 000 000 00×2‖2




木更津) 早川-大沢
秀岳館) 有村,中井-九鬼



この試合も1点を争う好ゲーム

9回裏にドラマが待っていました



試合が動いたのは4回表
木更津総合の攻撃


この試合木更津総合の監督がキーマンとして
あげていた
1番の峯村選手が

今大会初ヒットで出塁すると



2アウト2塁で

4番鳥海選手が
先制タイムリーヒット



1-0とします



その後
木更津総合早川選手
秀岳館有村選手
の投げ合いで0更新が続きます



そして迎えた9回

先頭の原田選手が四球で出塁すると

送りバントと進塁打で

2アウト3塁


5番天本選手が四球で繋ぐと



6番廣部選手がライト前タイムリー
同点に追いつきます



続く7番堀江選手は
左中間へのサヨナラヒット



秀岳館が9回大逆転で
ベスト4進出しました



早川選手は
9回2アウトまで

被安打2
と素晴らしいピッチングでした


この試合のハイライトは
こちら


スポンサードリンク





・この試合のポイント



この試合ポイントはなんといっても


9回裏の攻防

プラスそれまでの秀岳館の粘りの打撃





8回までの攻撃に、秀岳館は
ヒットどころか

四死球ほとんどもらえないピッチングを
早川選手にされていましたが



2ストライクから
秀岳館特有の

ノーステップ打法で球数を多く投げさせていました




そして9回


先頭が四球によって出塁します



2アウトランナー3塁とし



フルカウントからの一球



投球は打者のインコース低めを突く
コースぎりぎりのボール



審判が手をあげてもおかしくないくらい
本当に素晴らしいボールでしたが


判定はボール



今まで表情を変えなかった早川選手が


さすがに表情崩れた瞬間でした




その切り替えができたかどうかは
みててはわかりませんが


続く廣部選手に
同点タイムリーヒットを許してしまいます



そして最後のポイント


廣部選手は
最初からストレートを待っていたのかもしれません



というのも初球大きなカーブを
バットがぴくりとも動かないくらいで見逃していました




そして続くアウトコース高めのストレートを
やや振り負けてファールになります



そのボールは外角低めに構えた
キャッチャーミットより高めに浮いた球



それに手を出した廣部選手


そして次のボール


またしても
球種、コースが同じところにいってしまった
早川選手


それをコンパクトなスイングでライト前に持っていた
廣部選手



この対決の掛け合いが明暗を分けた
ポイントだったのかと思います



準々決勝第一試合、第二試合もこのようにまとめましたので
ごらんください
センバツ準々決勝第一試合のスコア速報
センバツ準々決勝第二試合のスコア速報と内容

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です