センバツ2016!!秀岳館を戦力分析してみた!!

久しぶりの投稿になります。


センバツ出場校戦力分析シリーズ第12弾



今回取り上げる高校は

九州地区王者の

熊本 秀岳館です



今回の出場は
13年ぶり2回目の出場
となります。


圧倒的強力打線でセンバツ出場を決めた
秀岳館に迫ります

スポンサーリンク


・秋大会の成績と記録


秋大会の成績は

熊本県大会優勝
九州大会優勝
明治神宮大会初戦敗退



注目されるのは
もちろん打線ですが

各項目をみていきましょう


・投手力


中心となる投手は

エースの有村選手
堀江選手
左腕の中井選手、田浦選手



の4投手です


継投で勝ち上がった戦いが多いので

アマチュア野球の名将
鍛治舎監督の継投のタイミングも
注目の一つです


エースの有村選手は
10試合52回を投げ

完投4
自責点10
防御率1.71


と安定した投球を見せます。


オール枚方時代は控えの投手だったが
高校入学後、かなり成長したと
自他ともに認めています



残り三投手は長いイニングこそ投げてないものの
四死球がほとんどないくらいコントロールがよく


三振もとれるピッチャーです


エースの有村選手についてまとめた記事がありますので
こちらもご覧ください
秀岳館の有村大誠選手はドラフト候補の注目投手
(新しいタブを開きます)




・打撃力



もっとも注目されている打撃です

チーム打率.374

一試合平均の安打数は
出場校中1位の成績も残しています



そして今大会注目のスラッガーが

4番キャッチャーでキャプテンの
九鬼選手


秋大会の成績は


打率は.511
ホームラン4本
打点23
23安打を放ち長田率は.609



打つだけではありません

盗塁もチームトップタイの
6盗塁

三振もわずか1

九鬼選手の記事はこちらからどうぞ
秀岳館の九鬼隆平選手はドラフト候補の注目打者
(新しいタブを開きます)



そして九鬼選手の前後を固めるのが


3番木本選手
5番堀江選手
6番廣部選手



3人とも打点は二桁


3番の木本選手に関して言えば、
九鬼選手に次ぐ

チーム2位の.488という高打率を残した




もう一つ注目してもらいたいのが秀岳館の各選手は
三振が少ないということ


11試合戦ってきて
三振は27


一試合に2、3個とミート力もすごいです


そして、盗塁も29個決めているという
超アグレッシブ攻撃ですね

スポンサードリンク




・戦力分析しちゃいました



投手力 ★★★★☆
打撃力 ★★★★★
機動力 ★★★★★
守備力 ★★★★☆
(各5つ星満点)


投手力は有村選手を中心に
出場校中最多の7人の継投で勝ち上がってきました



やはり試合のキーになるところは
継投のタイミングでしょう



長期戦を見越した戦いもできますが
一戦必勝で頑張ってもらいたいですね


そして注目の打撃陣は
文句無しの5つ星


キーとなるのは、
機動力と下位打線


実は神宮大会初戦では

唯一盗塁を決めていないんですね


結果負けてしまいましたが


足を絡めた野球こそが
秀岳館の持ち味だと思います。



そして、下位打線の活躍次第で
試合を楽に展開できるのではないかと思います。



初戦の相手は
関東地区代表の
花咲徳栄です



注目左腕の高橋選手との戦いが注目されますね


高橋選手の記事はこちらからご確認ください
花咲徳栄の高橋昂也選手の球速に注目!!


組み合わせもこちらからどうぞ
センバツ2016の日程、組み合わせ、出場校等をまとめました

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です