センバツ2016!!釜石高校を戦力分析してみた!!

センバツ出場校戦力分析シリーズ第11弾



今回戦力分析する高校は


21世紀枠での出場となります


岩手釜石高校です



今回の出場は
20年ぶり2回目の出場となります



それでは秋大会の成績を見ていきましょう

スポンサーリンク


・秋大会の成績と記録



秋大会の成績は

岩手県大会準優勝
東北大会1回戦負け




実は県大会前に行われる地区大会で
敗者復活を果たし



県大会準優勝と結果をおさめ


甲子園出場を決めました。





学校の紹介を少しだけすると


平成26年度に創立100周年を迎えた
伝統校





文部科学省からは
スーパーサイエンスハイスクール
の指定校として認定されています。





さてそれでは戦力分析して参ります



投手力




ピッチャーは4人


岩間選手
佐々木選手
大尻選手
畑山選手




主戦はエースの岩間選手



公式戦すべての試合に登板しました


ストレートは常時120キロ前後と
やや遅いですが


持ち前の制球力と投球術で
打たせて取るピッチングをします



やはりそうなってくると、
守備がかなり重要になってきますね



エラーは避け、接戦に持ち込みたいところです



打撃力



チーム打率.285


出場校のなかでは、やや劣っているかもしれません


打撃の中心は

4番の菊池選手


一発を備える長打力と高打率を残している
中心選手です



その菊地選手の前後を固める

3番の大尻選手

5番の新沼選手


も秋大会はともに打率3割越え




トップバッターの奥村選手

俊足好打のセンスのある選手です



秋大会同様、甲子園でも僅差の試合が予想されますので

打線の奮起と守備の堅実さが大事になってきそうです


スポンサードリンク




・戦力分析しちゃいました



投手力 ★★★★☆
打撃力 ★★★☆☆
機動力 ★★★☆☆
守備力 ★★★★☆
(各5つ星満点)



投手を中心とした堅い守りでここまで勝ち上がってきました。


一般出場校と比べ、力が劣っていることは
否めないので



試合のキーになるのは

・守備でミスしないこと
・先制点をとって、相手をあせらせること



だと思います。



終盤までワンチャンスで取れる点差で
運べたら理想かもしれませんね



同じ21世紀枠の高校も戦力分析してみましたので
ご覧ください
センバツ2016!!小豆島高校を戦力分析してみた!!
センバツ2016!!長田高校を戦力分析してみた!!

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です