センバツ2016!!東海大甲府を戦力分析してみた!!

センバツ出場校戦力分析シリーズ第6弾



今回戦力分析する高校は


関東地区代表の
東海大甲府高校です



今回の出場は意外にも


25年ぶり5度目の出場



数名は昨年の甲子園経験者あり


関東大会ベスト4で甲子園出場を決めた
東海大甲府に迫ります


スポンサーリンク



・秋大会の成績と記録



去年の秋の大会は


山梨県大会優勝
関東大会ベスト4



すっかり甲子園でおなじみのチームとなっています


というのも
県内では25連勝中
5季連続優勝と強豪校になりました。


プロ野球選手も最近では輩出している学校でもあります。



各項目の戦力はこちら


投手力



投手陣は昨年夏の甲子園経験した

エースの菊地選手、2番手の松葉選手
がゲームを作ります。



エースの菊地選手は

全5試合25回を投げ

完投2(内完封1)
自責点4
防御率1.44


秋大会途中故障ということもあり、
本来のピッチングではなかったそうですが

それでもすばらしい結果を残しています




そして菊地選手が怪我の時にチームを救ったのが
松葉選手です


全6試合37回を投げ

完投2(内完封1)
自責点3
防御率0.73


と抜群のピッチングを見せてくれました



実は、昨年夏の甲子園でも
菊地選手が不調の試合でも
松葉選手が立て直すということがありました



そういった意味でこの二枚看板は
今回のセンバツにおいて大きな意味をなすことだと思います



菊地選手について詳しくまとめた記事はこちらです


スポンサードリンク




打撃力



チーム打率.372
と打撃力にも自慢の東海大甲府打線


関東大会でも2試合コールド勝ちという結果まで
だしています



中心となる選手は
去年からの経験者
3番の福武選手と4番の松岡選手
だと思います




福武選手こそ打率は2割台とやや苦しんでいましたが
実力は全国レベル


4番の松岡選手は打率5割


他にも打率5割越えが

1番の萩原選手(.556)がチームトップ


7番の栗田選手も打率.545



つなぐ打線が持ち味ですし、

盗塁数も

全8試合で16盗塁を記録


東海大甲府は盗塁やエンドランをからめた攻撃が多いです



ランナー3塁では、スクイズだけでなく
エンドランでランナーを返すような攻撃も仕掛けてきます



注目している福武選手にまとめた記事はこちらから
東海大甲府の福武修選手はドラフト候補!!出身中学は?


・戦力分析しちゃいました



投手力 ★★★★★
攻撃力 ★★★★☆
機動力 ★★★★★
守備力 ★★★★☆
(各5つ星満点)


投手力、機動力は文句無しの5つ星


攻撃力は意外にもホームランが一本も飛び出していないんですね


そこがまた嫌らしく、繋がる打線、切れ目のない打線
ということで、長打こそ少ないですが
粘りづよい打線だと思います。



キーパーソンは
怪我からの復活、エースの菊地選手と
打撃不振だった3番の福武選手でしょう



うまく投打がかみ合えば、ベスト4以上に食い込む実力があるかと思います




前回戦力分析した高校も以下の記事にありますので
併せてご覧ください
センバツ2016!!木更津総合の戦力分析をしてみた!!
センバツ2016!!東邦高校の戦力分析をしてみた!!
センバツ2016!!常総学院の戦力分析をしてみた!!
2016年2月26日 センバツ2016!!大阪桐蔭を戦力分析してみた!!
センバツ2016!!敦賀気比を戦力分析してみた!!

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です