万波中世選手の進路は横浜高校!?父親の国籍は??

昨年の夏の甲子園を沸かせた
現楽天のオコエ瑠偉選手
皆さんの記憶に新しいところですね




今、「オコエ二世」と呼ばれる
スーパー中学生が注目されています





その選手は
万波中正(まんなみちゅうせい)選手


基本情報から能力まで
まとめてみました。

スポンサーリンク


・万波選手の基本情報



見た目からまるで
オコエ瑠偉そっくりの万波選手


現在は練馬区立開進第二中学校の3年生

軟式野球部には入らず
東練馬リトルシニアに所属



それでも部活に入っているそうです。



軟式野球部ではなく

陸上部




よく足腰等を鍛えるために陸上部入る選手や
部活入ることが必須の中学もあります



どんな理由かはわかりませんが


種目はなんと


砲丸投げ



しかもがっつり練習したわけではなく
1ヶ月の練習で

砲丸投げ東京1位になったそうです



父親がコンゴ共和国、母親が日本
そのハーフとして生まれ育った万波選手


やはり身体能力はずば抜けていますね





そして気になる進路が神奈川の名門
横浜高校が濃厚ということです



4月から本当に楽しみになってきました

スポンサードリンク




・万波選手の能力



身長188cm
体重90キロ



体格に関して言えば、去年の甲子園を沸かせた
清宮選手レベル




東練馬リトルシニアではピッチャーも務めるそうで
そのストレートの球速はMAX138キロ



それでも高校ではおそらく野手に専念するかと思われます



バッティングに関しての驚くべき数字があります



スイングスピード154キロ(中田翔選手や柳田選手レベル)
過去最高飛距離140m



そしてそのパワーの源となっているのが

強靭な下半身



太もも周りは69cm(スピードスケートの清水選手レベル)



バッティングに関しては
足を大きく高くあげたり、ヘッドをピッチャー側に向けたり
いわゆる、ホームランバッターならではのフォームではありません



実にシンプル


足はすり足、バットを後ろに下げる距離もほとんどなく
グリップの位置を変えずに素直にバットを出しているフォーム
です





態勢、フォームが崩されにくいので、ヒットの出る確率が
かなり上がると思いますし、


何しろパワーがあるんで、柵越えもどんどん放つでしょう。




すでに高校級のバッティングレベルに達しているため
一年生からレギュラーになる可能性もありますね



あそこまで振れるバッターなかなかいないので
4月から注目していきたいですね




進学な濃厚な横浜高校の現エースも取り上げてみましたので
こちらも併せてごらんください
横浜高校の藤平尚真選手は2016年のドラフト候補

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です