野球の審判が近いうちにロボットに!?その理由を解説

こんにちは


以前からこの「高校野球研究所」
ご覧になっている方なら気付いたかもしれませんが



実はこのサイト
模様替えしてみました


「こここうしたほうがいいよ」
等の意見があれば遠慮せずに教えてください




それでは本題


タイトルにもあるように野球の審判が
近いうちにロボットになる可能性が出てきたそうです



検討中なのが、球審のみですが
それについて
少し言及してみたいと思います

スポンサーリンク


・なぜロボットになるのか


まず2014年にメジャーリーグで取り入れられた制度を
ご存知ですか??



それは
「チャレンジ制度」



簡単に説明だけしておくと


審判の判定に異議申し立てをする際に
ビデオ判定も駆使して
「もう一度ジャッジをし直してくれないか」


といういわば
誤審防止の制度です




ストライク、ボールの判定は
対象外ですが



そのストライク、ボールの誤審さえ少なくすべく

メジャーリーグでは審判に
ロボットを導入するか否か
という議論があります



実は2015年には、アメリカで試験的に
球審をロボットにしてみたということもありました




ロボット導入について
メリット、デメリットを考えていきましょう

スポンサードリンク




・ロボット導入することによって….



ロボット導入は野球界を大きく変える出来事になりそうね


メリットとデメリットをまとめていきましょう



・メリット


・誤審が減る
・公平性が生まれる
・(誤審による乱闘シーンがなくなる笑)




やはり何と言っても
両チームに対しての公平性が生まれる
それによって誤審もなくなるということでしょう




中には
「今日の審判外角広くとるぞ」


とか癖を見破って
戦略を練るチームもあるので、
そこはなんとも言えないところですよね


・デメリット


・コストがやばい
・臨機応変に動けるのか
・(誤審がなくなる)




まぁ完全にコスト面がやばそうですよね


一番心配しているのが、

ロボットは俊敏にかつ臨機応変に動けるのか



ジャッジは正確でも
動けなかったら


邪魔になるだけですからね



そして、中には

「誤審があっての野球だろ」



「失敗はつきもの」



という人もいるでしょう




あとは、
将来審判もやろうか考えている僕にとって

「え?これからはロボットが審判するの」


ってことになると審判したいという夢がなくなるので
いやですね


これに関しては僕だけではないはずです



賛否両論あるかと思いますが
あなたは賛成or反対??




この記事読んだかたは
以下の記事も併せて読むことをおすすめします
甲子園の審判の資格が必要か!?派遣審判にも注目してみた

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です