オリックス小松選手らが女性を救助!?当時の状況は?

心温まるニュースが飛び込んできました


オリックスバファローズの投手


小松聖選手
白仁田寛和選手
佐野皓大選手




3選手が北九州市で


96歳の女性を救助していること
ニュースで取り上げられていました



当時どのような状況だったか
まとめてみます

スポンサーリンク


・3選手は北九州で自主トレ中



なぜこの3選手が北九州にいたかというと
自主トレで訪れていたらしいです



場所は
JR九州野球部グラウンド


元オリックスのトレーナー
吉良俊則さんとともに


合同練習をしていたそうです



女性を発見したのが
1月12日の練習から帰るときでした




元々人通りの少ない住宅街で
女性が地面でうずくまっているのを発見



白仁田選手がその女性を抱え数百メートル先の自宅まで
送ったそうです

スポンサードリンク




・なぜ女性がうずくまっていたのか





女性がうずくまっていたのは
歳のせいだったのかというと


そうではありません



実は女性は
股関節付近を骨折している状態だったそうです



吉良トレーナーを含む4人の迅速な対応で
女性はその後病院に緊急搬送



そして緊急手術を受けましたが


大事には至らなかったそうです




その日の北九州市の天気は曇りで
気温も最高9度という真冬の寒さでした





もし自力で動けない女性が
誰にも気づかれず
身動きとれない状態が続いていたなら



命はなかったのかもしれません




野球以外でもこうした生活面も
しっかりしているアスリートって
とても応援したくなりますね



2016年のオリックスの成績と
この3選手が好成績を残すことを
願っています

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です