2016年の夏の甲子園キャッチフレーズ決定!決め方は?

2016年、第98回の高校野球選手権大会(夏の甲子園)の

キャッチフレーズが決定しました。




受賞した方は

大阪市立南高1年の
熊本光結(ゆい)さんです




そのキャッチフレーズがこちら



「ワクワク、ドキドキ甲子園」



なんともシンプルでありながら、
選手、父母、野球ファンの気持ちを
一言にまとめた素晴らしいキャッチフレーズです




そこで今回、このキャッチフレーズの
決め方についてまとめてみました

スポンサーリンク


・応募の資格と締め切り、結果発表



夏の甲子園でありながら、1月の時点で決定しているのは
とても奇妙な感じですね笑



元高校球児でありながら、こういったことも
知らなかったことに少し恥ずかしさを感じます



それでは応募資格といいますと

全国の高校に在学中の生徒

のみです


単純に考えますと、
高校生ならだれでもOK


しかも
主役の球児でOK




あぁ提出しとけばよかったって後悔。。。
なんちゃって



特に厳しい規定はないようですね




応募期間についてですが、
おそらく夏の甲子園が終わり次第
朝日新聞社さんのほうから応募がかかるかと思います




そして締め切りは
秋季大会直前の10月頃



約2ヶ月間ですね


そして結果発表がもちろん
この時期の1月頃



2ヶ月で募集をかけ2ヶ月選考する形です


スポンサードリンク





・注意事項と当選結果


注意事項といいますか、
キャッチフレーズを提出するにあたり
いくつか規定があるそうです


・過去に発表されたものは禁止


まぁ当然でしょう
盗作にあたりますからね笑


・1人1点のみ


1人何点も提出すると
当選確率もあがりますし、
選考する方々も大変でしょう笑


・共作は禁止


他人の作品をうまく組み合わせて作ることも
禁止です


・著作権は主催の朝日新聞の帰属


帰属しないことには、各都道府県で
ポスター等使えなくなりますから


・15文字以内


おっと、これは知らなかった
キャッチフレーズ自体短いことは
気づいていましたが


まさか文字制限があったんですね




そして気になる当選結果ですが



グランプリ(最優秀賞)



・賞状
・盾
・図書カード5万円分
・その年の甲子園開幕日招待券(本人+保護者or教員)



そしてもう一つびっくりしたことが
優秀賞10名も選ばれる


優秀賞



・賞状
・図書カード




どうですか??

みなさんも球児を応援しながら、
甲子園のキャッチフレーズを決めてみるのもどうでしょうか



他にも球児以外にも焦点を当てた記事をまとめてみました
以下の記事も併せてごらんください
選抜高校野球にしかない「応援団賞」とは!?
選抜高校野球の入場行進でプラカードを持つ人とは!?

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です