元阪神タイガースの安達智次郎の軌跡と病気の原因

安達智次郎選手が亡くなったニュースが入ってきたが



僕自身安達智次郎選手を知らなかったので
どういった実績を残した選手なのか
まとめてみました。

スポンサーリンク


安達智次郎選手の軌跡



幼少時代から持病(小児がん)を持っていたため
激しい運動ができなかったそうです。


野球を始めたのは小学4年生のとき。



左利きの安達選手は小学校はファースト


中学から現役のときと同じ
投手を務めたそうですが、
レベルで言えば


3番手ピッチャー



高校もいわゆる強豪校に進学はしなかったものの

走り込みを徹底した結果、


エースとして、
二年の夏、三年の春に甲子園出場したそうです



187cmの長身を生かしたストレートはMAX149キロ


甲子園に出場したものの、初戦敗退
それでも、巨人、阪神から注目を集めていました。



1992年のドラフトで阪神から指名を受け入団



マイナーリーグでありながら、アメリカでも
野球の経験がある安達選手



しかし怪我の影響で
1998年に外野手に転向


1999年に阪神の監督に就任した野村克也さんから
投手に再び戻されるも、結果が残せず戦力外通告をうけ引退




引退後も大学やNPOなどで野球の活動を続けた安達選手

その後焼酎バーの経営も行ったそうです

スポンサードリンク




・安達選手が持っていた病気とは


ロケットと称されたメージャーリーが
ロジャークレメンスが大好きで


焼酎バーの名前は
「ロケットボール」



この焼酎バーが原因なのか、
今回亡くなった原因が



内臓疾患



アルコール摂取が一番の原因でしょう



仕事柄アルコールから離れることは
難しいと思います。



それでも噂によると、
そのバーは


阪神ファンではなく、多くの野球ファンが訪れる
人気のバーらしいですね



一度行ってみたいと思います



安達さんのご冥福をお祈りします


スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です