高校野球のコールドゲームの条件を理解しよう!!

高校野球に存在するコールドゲーム


野球経験者や通の人にはその意味がわかっているが



案外わからない人も多いのではないだろうか??


今回はそのコールドゲームの条件について


わかりやすく書いていきます

スポンサーリンク


・そもそもコールドゲームって何??


コールドゲームって何ですかと聞くと

「あぁ,点差が開きすぎて9回までやらずに試合を終了させるルールのことでしょ??」



っていう人もいるかもしれません。



もちろん当たってはいますが、これでは不十分です


コールドゲームは主に二つ

・点差が開いた場合
・天候




いずれも試合続行が難しいとされた試合のことを指します。



cold game(凍結した試合)


という意味ではなく



called game(宣告試合)

という意味で


審判が試合続行すべきでないと判断した場合に

成立することです。







・点差が開いたコールドゲーム



じゃあそのコールドゲームに条件は何かといいますと


・5回終了してが10点差以上ついた場合


5回終了して
10点差以上(10点を取ったではありません)ついた場合に成立します。

もちろん6回終了し10点差以上ついたゲームでも成立します


・7回終了して7点差以上ついた場合

7回終了して
7点差以上ついた場合成立します。

もちろん8回終了し7点差以上ついたゲームも成立します




このルールは各都道府県統一されたルールです。

スポンサードリンク




・天候によるコールドゲーム



天候によるコールドゲームもあります。


条件として

・7回終了している
・天候によって試合続行ができない



という二つの条件が揃うと

コールドゲーム成立します。




例えば
A高校 001 000 1
B高校 000 210 0


とB高校が7回終了して3対2で8回表を迎えた時に


突然の雷雨で試合続行ができないと審判団が判断した場合


B高校が「雨天コールド」


という形で勝利します。




点差の開くゲームと違って



明確な基準がないため判断が難しい


しかも

できれば試合をさせてあげたいのに選手がこんな形で
試合を決めるのはかわいそう


という気持ちも審判団にあるかとおもいます



滅多に雨天コールドはありません。



ちなみに


7回終了していないのに、

審判団が試合続行不可能と判断した場合は




ノーゲームになります



つまり日を改めて

・もう一度1回の表からやり直す
・中断したところからゲームを始まる


というどちらかのケースで始まることがありますね







・コールドゲームが成立しないケース



高校野球でコールドゲームが

成立しないケースがあります。


それは


・各都道府県大会の決勝(神奈川は準決勝以降)
・甲子園



です。

今サクッと言いましたが



甲子園にはコールドゲームが存在しません




なぜ甲子園にコールドゲームが存在しないのかというと

ある説には


各都道府県を勝ち上がってきたレベルがある以上
何点差ついても逆転できる可能性がある



ということです。



まぁ高校野球において諦める人がいるかどうかは
謎ですが



そして最後に

みなさんも記億に新しい逆転試合を一つ紹介させてください



2014年 石川県大会決勝


この試合は本来ならコールドゲームと成立する試合ではありましたが


決勝戦ということなので
コールドゲームがありませんでした。


すごい逆転劇ですよ



以上コールドゲームについてまとめてみました。



2017年徳島大会で起きた
「キャッチャーボーク」についての記事もまとめてみました
キャッチャーボークサヨナラ負け!?そのルールを解説!!

以下の記事もご覧ください
高校通算本塁打の数え方は!?やはり清宮選手の実力は本物だった!!



シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です