春の甲子園ver!!野球通が教えるオススメの観戦と服装

夏と春の甲子園ではとでは観戦方法や服装は大きく異なります。


あまり観戦したことない人のために、


おすすめの観戦方法と服装を


まとめてみました。


スポンサーリンク



・観戦する前の準備



まずは準備段階
球場入りする前にやってほしいことがあります。



それは交通の面です。



甲子園期間中は


電車が大変混み合います。


特に試合が終わったあとです。




だから球場入りする前にしてほしいこと


・帰りの電車の切符を買っておくこと
・SuicaやPASMOなど電子マネーを十分にチャージしておく



これらのことを行うことで、
混雑をさけスムーズに帰宅することができます。


忘れずに行ってください。

a0007_002633


・観戦におすすめの必需品


必需品は席によって若干異なってきますが


おおまかに共通すると仮定して挙げていきたいと思います。




・雨具


当然のことと思いますが、

センバツ開催時期って季節の変わり目で

天気が不安定なことが多いです



折りたたみ傘、合羽

電車を利用する方は、
大きめな袋を持って
濡れた雨具を入れておくのもマナーの一つです






・飲み物、食べ物


もちろん球場にも飲み物、食べ物は売っていますが


もちろんのこと値段がやや高いんですね



財布の中身を気にするのであれば

前もって買っておくことをオススメします。




しかし一つ注意点があります。

それは


瓶や缶は持ち込み禁止です。



飲み物を持ち込むのであれば


ペットボトルや自前の水筒がいいと思います。



そこのあたり高野連はとても”ビンカン(敏感)”ですからね笑



・携帯ラジオ


とても通と思われる持ち物になってきました。


持っていれば、持っていくことをオススメしますが

ないからといってわざわざ買う必要はないと思います。



なぜラジオを持つといいかというと



プロの解説が聞けるからです


球場にいると解説は聞けません。



一球一球解説してくれるため、
より高校野球が楽しくなると思います。



しかしイヤホンは片耳だけでお願いします。



片耳は両校の応援、スタンドの歓声、球場の雰囲気

を感じてください。


もう片耳で一つ一つのプレイについて勉強しましょう。



・ホッカイロ


やはり季節の変わり目ということで

天気も不安定であるなら、気温も不安定です。



暑い日もあれば肌寒い日もあります。


特に気をつけてほしいのは、


朝は暑いなぁと思って球場入りしたら、
だんだん寒くなっていった


ということはよくあることです。



だからホッカイロなどの防寒グッズを携帯しておくことを

オススメします

スポンサードリンク




・服装




センバツの時期は天気をあてにしてはいけません。


だからこそ、臨機応変に対応していきましょう。



服装は

気温が上がれば、一枚洋服を脱ぐ
気温が下がれば一枚着る


といった感じでいいかと思います。



そして忘れていけないことは、



天気です。



水に弱い服とかを持っていくことはあまりオススメできません


できれば、選手とかが着る

ウインドブレーカーのような


風通しもあまりなく、防水性に優れた上着


一つくらい持っていくことをオススメします。



やや荷物が大きくなると言う方は、


ふだんよりも少し大きめのバック、もしくは


バックを一つ増やすくらいの気持ちで
観戦するといいと思います。





最後に春と夏の甲子園の違いについて
興味深いであろう記事を書いてみました。
結構オススメなのでご覧になってください

春と夏で甲子園の土は変わる!?阪神園芸のすごい気配り



選抜高校野球についての関連記事です
5分で理解!!選抜高校野球大会の出場枠とは
センバツ出場ができる21世紀枠の基準を解説!!

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です