佐々木朗希がイケメンでかっこいい!彼女や父に兄弟の情報は!?




どうもこんにちは!!

今回は
岩手の大船渡高校、
佐々木朗希選手を紹介していきたいと思います。

・佐々木選手のプロフィールと球歴
・イケメンでかっこいいと話題に
・佐々木選手の家族情報
・佐々木選手の評価


という内容をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク


・佐々木朗希選手のプロフィール



名前:佐々木朗希(ささきろうき)
生年月日:2001年11月3日
出身:岩手県陸前高田市
身長:189cm
体重:81キロ
右投げ右打ち
出身中学:大船渡市立第一中学


・球歴


小学3年生の時に野球を始めた佐々木選手
震災の影響で陸前高田市から大船渡に移り

大船渡市立第一中学時代には
軟式野球部に所属

中学3年の時に
オール気仙でKB東北大会準優勝を果たしています

中学の時に計測した球速が
軟式ながら141キロらしいです

軟式ボールは硬式ボールより
球速が出にくいので141キロはかなりすごいです


案の定、硬式を使用する高校で
今凄まじい球速を計測しています

・大阪桐蔭からの誘いがあった?


中学の時から実力がすごかったので
各高校の関係者が
「佐々木選手を是非とも獲得したい!!」

と思っていたはず

その中でも2018年に2度目の春夏連覇を成し遂げた
大阪桐蔭からの誘いがあったという噂も!!

しかし佐々木選手は
中学の仲間と一緒に地元で甲子園を目指したい
という思いから大船渡高校に進学しています

2018年の夏に準優勝した
金足農業もベンチ入り全員が地元の選手ということもありました

皮肉にも大阪桐蔭に敗れてしまいましたが

地元選手だけの高校、大船渡高校が甲子園に出ることがあれば
また盛り上がりそうです

・高校入学後


鳴物入りで高校に入った佐々木選手は
1年生の夏からベンチ入りを果たしています

1年生の時から球速147キロを計測するなど
期待通りのピッチング!!

2年の夏には
球速も150キロ台(当時最速154キロ)にも乗せてきて
徐々に力をつけてきました

そして新チームになった秋の大会では
157キロを計測するなど
プロのスカウトも唸らせるほどの圧巻のピッチング

誤計測で163キロを計測したことも話題にww
(しかも変化球で)


高校生最速はあの大谷翔平が叩き出した160キロですが
2年の秋の時点で157キロを計測している佐々木選手が
その記録をやぶりそうです

※2019年4月6日追記

ついに大谷翔平選手を超える
163キロをマークしました!!

高校生史上最速の球速です

・イケメンでかっこいいと話題に!!彼女の情報は?


野球の実力もさることながら、
爽やかな顔立ちでイケメンとも話題となっている佐々木選手





そんな佐々木選手には彼女がいるのか調べたところ

現時点で彼女がいるという情報がありませんでした


ちなみに好きなタイプについて明らかになっていて

女子高生ミスコングランプリを受賞した
福田愛依(ふくだめい)さんがタイプだそうです



そんなこと公表したら
福田愛依さんも意識して付き合える気もしますね

スポンサーリンク




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8630091249348163"
data-ad-slot="5469519938"
data-ad-format="auto">



・家族情報について


佐々木選手は
5人家族であり

3人兄弟の次男という情報が入っています


父:功太さん
母:陽子さん
兄:琉希さん(3つ上)
弟:怜希さん


という情報も

ちなみに兄の琉希さんも
大船渡高校のOBで4番を任されるほどチームの中心だったとか

ちなみに兄の琉希さんは弟朗希選手に厳しく

「お前レベルの選手なんて全国にゴロゴロいるぞ」

などとハッパをかけ、褒めることもなく
弟の面倒を見ていたそうです

爽やかな顔立ちながら、負けず嫌いな佐々木選手は
兄を超えるべく一生懸命努力を重ね
現在に至っているそうです

これも兄としての役割だったんでしょうね


弟の怜希さんが野球をしているか否かの情報は
どこにもありませんでした・・・

・佐々木選手の実力


では最後に佐々木選手の実力についてまとめていきたいと思います


最高球速:157キロ(2018年9月現在)
球種:ストレート・スライダー・フォーク・チェンジアップ


投球フォームはこちらから



現時点で無駄な筋肉がなく
ムチのような腕のしなりで
スピンの利いたボールが投げれていると思います

どのストレートも力出した150キロではなく
全く沈むことがないノビのあるストレートですね

あまりにも速いのか、
キャッチャーのキャッチングが結構ブレブレ笑

素質としては申し分ないですし
来年間違いなくドラフト1位候補として
名乗り上げるでしょう

課題はコントロールといったところでしょうか。

現時点では速いというだけでバッターを抑えていますが
速いだけでは抑えられないバッターが全国にはたくさんいますし

一球の失投で負けることもあるので
(金属バットを使用する高校野球なら尚更)

常に150キロを投げる気持ちでボールを投げるのではなく

140キロ前半でもいいからコントロール重視のピッチングをし、
ピンチになればギアをあげて150キロ連発


というメリハリのある投球を覚えれば
さらなるすごい投手になること間違いありません!!

あとは怪我だけは気をつけたいところですね!

・まとめ


今回は大船渡高校の佐々木選手についてまとめていきました

情報が入り次第どんどん追記していきますので
これからも佐々木選手に注目していきたいと思います

それでは最後までご覧いただきありがとうございました


シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください