奥川恭伸(星稜)の出身中学や読み方にMAX球速は?ドラフトや進路を予想!




石川県の名門、星稜高校のエースの奥川恭伸
2019年のドラフト1位候補として既に名乗りを挙げている
注目の選手です

今回の記事では
・奥川選手のプロフィール
・出身中学やこれまでの球歴
・奥川選手の能力

についてまとめてみました

スポンサーリンク

・奥川選手のプロフィール




名前:奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)
出身:石川県かほく市
身長:183cm
体重:82kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー

・出身小学・中学はどこ?


出身小学:かほく市立宇ノ気小学校

出身中学:かほく市立宇ノ気中学校

中学3年生の時に全国制覇を経験しています!!

・星稜高校入学後の球歴

入学直後の春の北信越大会からベンチ入りを果たし、
1年の秋の大会から本格的にマウンドを任されるようになりました

その年の秋季大会では
県大会優勝
北信越大会準優勝

を果たし、見事春の甲子園に出場!!

センバツでの成績は
全3試合16イニングを投げて
被安打13
奪三振11
四死球8
自責点3


2年生ながらチームを引っ張る活躍を見せてくれました

同年の春の大会からはエースナンバーを背負った奥川選手

夏の大会でもエースとして活躍し
2年ぶりに石川県大会を制して
2季連続の甲子園出場となりました

100回記念大会の開幕戦を引き当て、

星稜高校野球部OBの松井秀喜が始球式を任され
星稜高校ナインが守っていると言う奇跡のシーンもありましたね



夏の甲子園での成績は
全2試合12イニングを投げて
被安打11
奪三振11
四死球1
自責点5


チームは惜しくも2回戦敗退してしまいましたが
奥川選手はこの大会で自己最速を上回る
150キロを計測しました


夏大会が終わった後に行われる侍ジャパンU-18の代表メンバーに
2年生で唯一選出されたのも奥川選手でした

2019年のドラフト1位候補であり
各球団がこの奥川選手に目をつけているのは
間違いありません!!

スポンサーリンク




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8630091249348163"
data-ad-slot="5469519938"
data-ad-format="auto">



・奥川選手の球速・球種は?


ここからは奥川選手の実力についてまとめていきたいと思います

最高球速:150キロ(2年生の夏の甲子園で計測)
球種:ストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク
50m走:6.5秒
遠投:110m


奥川選手のピッチングをご覧ください



投球フォームに力みがなく
平均球速も140キロ前後と高校生にしてはかなり質のいいボールを投げています

投球のテンポがよく、守備もリズムよく守りやすそうですね

変化球の精度もよく、いつでもストライクが取れるコントロールもありますね

投球フォームに関して言えば、
やや立ち投げの感じがあります

春、夏ともに投球をみていたのですが
下半身が未完成な分、下半身の力をうまくボールに伝えていない
投球フォームになっています

実際に夏の甲子園では
足がつって途中降板した試合がありました

本人が一番よくわかっているかと思いますが
下半身強化次第では155キロくらいまで球速は伸びるかと思います

・スカウト陣、世間の評価


スカウト陣、世間はこの奥川選手をどう評価しているのか
拾ってみたいと思います

ソフトバンク・スカウト
「来年にかけてもっと伸びる」

阪神・スカウト
「インパクトがあった」
「マウンド度胸もさばきもいい。
低めに力のある球を投げるのが持ち味。
気持ちと体のコントロールもできていた」 

中日・スカウト
「スケールの大きさ、可能性を感じさせる。
あの球質は魅力だし、能力も高い」

ロッテ・スカウト
「来年の1位候補。
コントロールが良く、守備も含めて野球センスがある」





・まとめ


今回は星稜の奥川選手についてまとめてみました

まだまだ情報が足りない部分がありますので
奥川選手に注目しつつ、新たな情報が入り次第
追記していきますね

それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク
 



シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください