尾形崇斗選手(学法石川)の球速や球種は?ドラフト評価も気になる


どうもこんにちは!!


今回もドラフト注目選手を取り上げていきたいと思います


今回紹介する選手は
学校法人石川の尾形崇斗選手です

スポンサードリンク


・尾形選手のwiki風プロフィール




名前:尾形崇斗(おがたしゅうと)

出身:宮城県富谷市

身長:181cm

体重:88キロ

右投げ左打ち(投手)

出身中学:富谷二中(仙台広瀬ボーイズ)



小学4年生のときに野球を始め、


中学では、仙台広瀬ボーイズに所属


中学3年生ときに東北選抜に選ばれ

東日本報知オールスター戦優勝した経歴を持っています
ボーイズリーグ関東ブロック



高校は、地元の宮城県を離れ、
福島県の学法石川へ入学



1年の秋からベンチ入りを果たし
背番号11の控え投手として、
同年の秋の大会に県準優勝を果たします



注目を浴び始めたのは、3年春のとき


冬トレを超え、球威が増した投球で
横浜高校との練習試合で完封試合をしたのです



注目され、迎えた最後の夏の大会

甲子園出場こそ逃したものの、
やはりドラフト陣を唸らせる投球をみせてくれました


その夏の大会の成績は

全3試合16イニングを投げ

失点5
防御率2.81
被安打11




数字だけみても尾形選手の実力はわからないと思うので

次に能力を解説していきたいと思います


スポンサードリンク





・尾形選手の能力!!球速や球種は??



球速:MAX150キロ

球種:ストレート、スライダー、カットボール、カーブ、フォーク



気になる投球フォームはこちらからどうぞ




セットポジションからの投球で、
足を高くあげたあと、腰をひねり、インステップでボールを投げています


バッターに背番号が見えるくらいひねっていますね



最近のドラフト候補にあがってくる選手の共通点として

肘が非常に柔らかい



そして、
肩甲骨の可動域が広い



故にポンポンと140キロを超えるボールを
投げることができています




そして、尾形選手の場合
下半身の馬力が非常に強いことが見受けられます


調査したところによると
冬トレ時期に体重を15キロ増加したそうで


特に下半身を重点にトレーニングをしたことが予想されますね


加えて、2016年の2月から就任した
山室公志郎さん(2009年育成ドラフト1位)
二人三脚で練習を重ねていたらしいです




150キロを超えるストレートを軸に

決め球として使うフォーク、そして手元で小さく変化するカットボールを駆使して


三振を狙う時に狙い、打たせてとるピッチングもできる
スマートな投手です



各球団、即戦力ではなく、素質を評価して指名するかと思います



予想としては、山室さんが所属していた
ロッテや楽天、ソフトバンクが下位指名しそうな予感がしますね





新聞でも大きく取り上げてられていますね!!


・まとめ



がっちりとした下半身に、柔軟性のある上半身


力強い投球のみならず、丁寧に打たせてとる省エネピッチングもできる
スマートなピッチャーです


スカウト陣も即戦力というより、将来有望選手として評価しており、



各球団が上位指名とはいかなくとも、
下位指名で視野にいれているのではないかと思いますね



それでは最後までご覧いただきありがとうございました

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です