吉住晴斗選手(鶴岡東)の出身は?球速やドラフト評価も気になる


どうもこんにちは!!


10月に入って、各都道府県の秋季大会も終わってきた頃でしょう


今月末にはドラフト会議があるので、
今回もドラフト注目高校生を紹介していきたいと思います



今回取り上げる選手は、
鶴岡東の吉住晴斗選手です!!

スポンサードリンク


・吉住選手のwiki風プロフィール





名前:吉住晴斗(よしずみはると)

出身:山形県鶴岡市

身長:185cm

体重:85キロ

右投げ右打ち(投手)

出身中学:鶴岡第二中




鶴岡第二中学校の軟式野球部に所属していた吉住選手は

地元の強豪鶴岡東に進学しました


1年の秋からベンチ入りを果たしており、

冬トレを乗り越え、2年の春にすでに140キロを超えるボールを投げていました


2年の夏の大会は山形県大会を制し、
2年連続甲子園出場


夏の山形県大会の成績は
全3試合17回と1/3を投げ

被安打9
奪三振12
失点6



チーム1長いイニングを任されたのが吉住選手でした



出場した甲子園では初戦敗退ではありましたが、

1イニングを完璧に抑え、堂々の甲子園デビュー


そこから、今後も期待がかかった選手でしたが、


その後甲子園出場することは叶いませんでした



しかし、この夏の大会でも、
スカウト陣を前に堂々たるピッチング


今回のドラフトに指名される選手の一人になること
間違いないかと思います!!

スポンサードリンク





・吉住選手の能力!!球速や球種は?



ここからは吉住選手の能力についてみていきます


球速:MAX149キロ

球種:スライダー、カーブ(2種類)、チェンジアップ



投球フォームはこちらから



2年生のときの動画ですかね?


この動画ではセットポジションからの投球ですが
ノーワインドアップでの投球スタイルもあります



重心を下げ、低め低めに投げようと工夫しているように見えます


肘の動きが柔らかく、可動域がかなり広いと思われます。


ストレートに注目が集まりそうですが、

私が注目したのは変化球


変化球のキレというよりかは

ストレートと同じ腕の振りをしているということ



そして、腕の振りはそんなに早くは見えませんが
力をセーブしているのかもしれません



そして肘の柔軟性がある故に

テイクバックがやや大きい気もします



テイクバックが大きいと
もちろん力強いボールを投げることはできます

しかし
吉住選手の場合、
テイクバックの際に打者にボールが見えていることが気になります



できればピッチャーとしては、ボールのリリースする瞬間まで
ボールを隠すほうがよい



プロに行けばこの点のフォーム修正も行われるかと思います


・まとめ



体格が非常にいい選手であるので、これからの伸び代にも期待できる選手です

現時点で評価している球団はDeNAとヤクルト


もしかしたら、横取り球団も現れてくるかもしれません



皆さんも吉住選手を注目してみましょう


それでは最後までご覧いただきありがとうございました

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です