阪口皓亮選手(北海)のドラフト評価は?球速や球種も気になる

どうもこんにちは!!

2017年のドラフト注目選手を取り上げていきたいと思います!!


今回紹介したい選手は


北海高校の阪口皓亮選手です


スポンサーリンク


・阪口選手のwiki風プロフィール



名前:阪口皓亮(さかぐちこうすけ)

出身:大阪府大阪市

身長:186cm

体重:80キロ

右投げ左打ち(投手)

出身中学:大阪東中学校(大正ボーイズ所属)



小学生の頃に野球を始め、


中学時代は大正ボーイズに所属



盛岡大附属のキャプテンで4番だった
比嘉賢伸選手
チームメイトでした



実はその比嘉選手も今回プロ志望届けを出しているので

二人でプロ入りしたらこれまた面白くなりそうです



阪口選手は中学卒業後、

北海高校に進学


北海高校は阪口選手が入学してから

2年連続で夏の甲子園出場するも


阪口選手はベンチ外でした


しかも去年、北海高校が準優勝した年


1回戦で対戦した松山聖陵のアドゥワ誠選手対策として
バッティングピッチャーを務めていたそうです




背番号10をもらって、3年の夏にはきちんと甲子園出場を決めた阪口選手



その夏の南北海道大会の成績は

5試合27イニングを投げ、

失点16
防御率5.33



お世辞にもいい数字とは言えませんし、



正直私も、北海高校の試合を見るまでは
阪口選手についてしりませんでした。。。




出場した夏の甲子園では

初戦に先発し、

3回と2/3を投げ、

失点1
四死球0
奪三振4



数字としてもまぁまぁですが


この試合を拝見してみて、

「この阪口選手、大器晩成型で、上にいけば面白い存在になるぞ」


と思っていました!!


その阪口選手の凄さを見ていきましょう


スポンサードリンク





・阪口選手の凄さ!!球速や球種は?



最高球速:148キロ

球種:ストレート、カットボール、カーブ


上背があり、角度のあるボールを投げている阪口選手をみて


「面白い投手だな」
とは思っていました


その阪口選手の動画をご覧ください




ノーワインドアップで比較的ゆったりしたフォーム


テイクバックは小さいが、
肘のやわらかさ、鞭使いのような腕の振りから投げるストレートは


かなりスピンが効いていて、
角度もあり
打者にとっては、球速以上にスピードを感じるボール

だと思いました



ストレートに注目されがちですが、

カーブも

一度、浮き上がって沈む軌道なので


一瞬
「ボールが抜けたのか?」


と思うほどのブレーキの効いたカーブを投げています




阪口選手はあえてステップの幅を狭くして、
ボールに角度をつける工夫をしているらしく


その代償のリリースポイントの不安定も
全く感じさせない投球をみせてくれました。



そして、最後に私が評価したいのは


高身長に似合わないフィールディングの良さ



特に初回のバント処理は

バッターとしてもいいバントをしているし、
阪口選手も好判断、好フィールディングをしていました!!



先頭バッターに打たれた内野安打も
セーフにはなりましたが、かなりいいフィールディングでした





甲子園で投じたのはわずか58球ですが、

その58球で大きな躍進をしたと思いますね!!


・まとめ


高身長であるがゆえに

・角度のあるストレート
・スピンの効いたストレート
・角度があり、落差のあるカーブ



の他

高身長にも関わらず

・野手顔負けのフィールディングのよさ


2017年のドラフトを盛り上げる選手でしょう!!


それでは最後までご覧いただきありがとうございました



2017年ドラフト注目選手一覧をまとめてみたのでそちらもご覧ください

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です