北浦竜次選手(白鴎大足利)のドラフト評価は?球速や球種は?

どうもこんにちは!!


11月のドラフト会議に向けて、

次々と高校生たちがプロ志望届を提出していっています!!



私もこまめにチェックしておりまして、


特にドラフトで注目になる選手を再度取り上げていきたいと思います!!


今回紹介する選手は

白鴎大足利の北浦竜次選手です!!

スポンサーリンク


・北浦選手のwiki風プロフィール



名前:北浦竜次(きたうらりゅうじ)

出身:栃木県那須塩原市

身長:184cm

体重:80キロ

左投げ左打ち(投手兼外野手)

出身中学:厚崎中学校(大田原ボーイズ所属)


小学校2年生のときに野球を始めた北浦選手


元ソフト国体選手の母からの勧めで
左投げに転向したそうです!!


元ソフト国体選手の母ですから、
運動神経はやはり素晴らしいもの


中学ではボーイズリーグでは有名の大田原ボーイズに所属


高校では、那須塩原から結構離れている白鴎大足利に入学



1年の秋からベンチ入りを果たし、
2年の秋には4番レフトとして試合に出ていました



この秋大会私も拝見したのですが、


この時の背番号は7番


それでもマウンドにあがって投げていたボールが
かなりよかったと覚えています。



同大会は、3位になり、関東大会に出場



一冬超えた春の大会では
栃木県大会優勝もしました


この春の大会では

5試合29回を投げ、
失点5(20イニング連続無失点)
防御率1.24



また打撃の方も注目されている北浦選手は

打率.520
本塁打2
打点6



と打者の方でも結果を残しています




迎えた最後の夏の大会は
準々決勝で敗退


北浦選手は甲子園の土を踏むことなく、
高校3年間を終えてしまいましたが、



その身体能力の高さはプロのスカウトの方も評価しており、

今回プロ志望届を提出しました。



それでは、北浦選手のすごさをみていきましょう!!

スポンサードリンク




・北浦選手の能力とは?



投手としての実力は

最高球速:147キロ

球種:ストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップ



打者としては

高校通算本塁打26本

という数字を残しております!!



今回投手として評価されるのか、野手として評価されるのか

少し曖昧ではありますが、


資質としてはかなりいいものを備えていると思います。



動画がないので詳しく解説はできませんが、


秋大会と夏大会を拝見した時の感想を言うと



投手としては


・肘や肩、関節など全てに柔軟性がある
・下半身がかなりしっかりしている
・腕のしなりをうまく使って、伸びのあるストレートを投げる



コントロールに関しては少しばらつきがあったものの、
ボールの質に関しては栃木県内ナンバーワン左腕なのかなと
評価しますね




一方の打者としては、

・パンチ力がある
・リストが強い(プロのスカウトも評価)
・逆方向の打球もかなり伸びる




特にリストに関しては、投手としても野手としても
必要なものですし、


北浦選手はそのリストが高校生離れしているのではないかなと思います


・まとめ


資質としてはかなりいいものを持っており、
今後伸びしろのあるいい選手になることは間違いないです



プロ野球今シーズンの動きからすると

現在評価が高いDeNA
左投手が課題少なめの広島

あたりが狙ってくるのではないかなと予想しています。



もちろん、野手としてプレイさせたいのであれば、
どの球団も興味をもつ選手だと思いますね



それでは最後までご覧いただきありがとうございました

2017年ドラフト候補一覧を作ってみたのでこちらもご覧ください

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です