林晃汰選手(智弁和歌山)の通算本塁打は?経歴や能力も調査!!

どうもこんにちは!!



2017年のドラフトに向けて
プロ志望届を提出する選手が増えてきました!!


そんななか、当研究所では2018年の注目選手を
いち早く紹介していきたいと思います。



今回紹介する選手は
智弁和歌山の林晃汰選手です!!

スポンサーリンク


・林選手のwiki風プロフィール



名前:林晃汰(はやしこうた)

出身:和歌山県岩出市

身長:180cm

体重84キロ

右投げ左打ち(内野手)

出身中学:岩出中学校(紀州ボーイズ)


小学1年生のときに野球を始めた林選手


小学6年のときには
タイガースJr.に選出されるほど
幼少期から実力はすごかったようです!!


中学では、硬式野球の紀州ボーイズに所属


調べていくと

中学通算本塁打32本

中学での推定飛距離130m




中学の時点で、普通の、いや
強豪の高校の4番打者に匹敵するほどの実力をもっていました



複数の高校からスカウトくる中で
進学したのは地元和歌山の強豪

智弁和歌山高校



入学してきた1年のなかでは唯一ベンチ入りを果たしました


1年で出場した夏の大会では
5番バッターとして出場し、ホームランも放つほどの強打者



ある雑誌には
「夏の甲子園で活躍しそうな選手50人」
のなかに

1年生ながら堂々と名を連ねていました


同年秋の大会では2打席連続の場外ホームランを放ったり、


2年の夏大会和歌山予選では

17打数8安打(打率.471)
本塁打1
打点10


夏の甲子園でも
4打数2安打
本塁打1
打点2



2018年、怪物の予感を漂わせています!!



それでは、林選手の能力をみていきましょう!!

スポンサードリンク




・林選手の能力



現時点で数字として残っているデータはこちら

高校通算本塁打:29本

遠投:100m

50m走6.9秒

もともとキャッチャーということもあり、
肩も強いですね


おそらく、新チームではキャッチャーも任されている可能性もあります


林選手のバッティング動画はこちらから




見てすぐ思ったことが

スイングスピードが早い!!


誰がみてもわかることだと思います


構えは早実の清宮選手に似ていますね!!


動画では、引っ張った打球を紹介しましたが、

甲子園で放った打球は左中間一番深いところに
突き刺さりました!!



がっちりとした構え、鋭いスイングスピードに加えて

後ろの手で打球を押し込む力
高校生とは思えないほどの能力です!!



(飛距離を伸ばしたい方はかなり参考になります)


・周りの評価とまとめ




このホームラン、特に
後ろの手の押し込みがかなり効いたバッティングになりました!!



2年生ながら、3年生強打者と肩を並べるほどの実力です!!



2018年のドラフト候補に必ずやあがるといってもいいでしょう!!


まずは次のセンバツに向けて秋大会しっかり勝ち上がってほしいと思います


それでは最後までご覧いただきありがとうございました

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です