夏の甲子園2017!!優勝候補の予想と今大会の展望

どうもこんにちは!!

組み合わせ抽選会も終了し、

夏の甲子園開幕を今か今かと楽しみにしています!!

抽選会も終わったことなので、

抽選結果を振り返りつつ、

優勝候補や今大会の展望を予想してみます!!

スポンサーリンク


・2017年夏の甲子園抽選結果!!

大会1日目 8月7日(月)

10時30分 第1試合 彦根東(滋賀)-波佐見(長崎)

13時00分 第2試合 済美(愛媛)-東筑(福岡)

15時30分 第3試合 藤枝明誠(静岡)-津田学園(三重)



大会2目 8月8日(火)


8時00分 第1試合 作新学院(栃木)-盛岡大付(岩手)

10時30分 第2試合 松商学園(長野)-土浦日大(茨城)

13時00分 第3試合 前橋育英(群馬)-山梨学院(山梨)

15時30分 第4試合 日大山形(山形)-明徳義塾(高知)


大会3日目 8月9日(水)


8時00分 第1試合 木更津総合(千葉)-日本航空石川(石川)

10時30分 第2試合 開星(島根)-花咲徳栄(埼玉)

13時00分 第3試合 聖光学院(福島)-おかやま山陽(岡山)

15時30分 第4試合 早稲田佐賀(佐賀)-聖心ウルスラ(宮崎)


大会4日目 8月10日(木)


8時00分 第1試合 広陵(広島)-中京大中京(愛知)

10時30分 第2試合 横浜(神奈川)-秀岳館(熊本)

13時00分 第3試合 興南(沖縄)-智弁和歌山(和歌山)

15時30分 第4試合 大阪桐蔭(大阪)-米子松蔭(鳥取)


大会5日目 8月11日(金)


9時30分 第1試合 滝川西(北北海道)-仙台育英(宮城)

12時00分 第2試合 日本文理(新潟)-鳴門渦潮(徳島)

14時30分 第3試合 北海(南北海道)-神戸国際大付属(兵庫)


大会6日目 8月12日(土)


8時00分 第1試合 大垣日大(岐阜)-天理(奈良)

10時30分 第2試合 三本松(香川)-下関国際(山口)

13時00分 第3試合 明桜(秋田)-二松学舎大付(東東京)

15時30分 第4試合 明豊(大分)-坂井(福井)


大会7日目 8月13日(日)


8時00分 第1試合 京都成章(京都)-神村学園(鹿児島)
10時30分 第2試合 高岡商(富山)-東海大菅生(西東京)
13時00分 第3試合 青森山田(青森)-第1日の第1試合の勝者
15時30分 第4試合 大会1日目の第2試合の勝者VS第3試合の勝者



これらの出場校を8つのブロックに分けて
今大会の展望を考えてみます。

8つのブロックに分ける理由は、
例年と違って、ベスト8まではこの組み合わせが固定されたからです!!

スポンサードリンク




・各ブロックの展望と勝ち上がり予想




・Aブロック


北海ー神戸国際大
大垣日大ー天理


この4チームが1ブロックです


去年の準優勝校である北海高校は

昨年のメンバー7名が残っているという経験豊富なチーム


南北海道予選決勝でも5点差を跳ね返した
粘り強さも兼ね備えています。


特に注目している選手が
川村友斗選手

昨年の夏甲子園では、2試合連続ホームランを打っている強打者です


対戦する神戸国際大は
エースの岡野選手とキャッチャーで4番の猪田選手がチームの中心チーム


センバツベスト4の報徳学園に勝った勢いがあります。


大垣日大は、修行選手が私のなかでの注目選手!!
強力打線天理にどのようなピッチングをみせてくれるのか期待しています!!


Aブロックはどこが勝ち上がってもおかしくないくらい
チーム力は均衡している印象です!!



・Bブロック


三本松ー下関国際
明桜ー二松学舎大


このチームで争います!!


二松学舎大が、投手力打撃力ともに、
頭1個飛び抜けている感じがします!!


それに待ったをかけるのが
明桜の2年生山口航輝選手


投打の中心でもある山口選手が、
二松学舎打線をどう抑え、どう打ち崩していくかが見所です!!


・Cブロック


明豊ー坂井
京都成章ー神村学園



京都成章の146キロ右腕
北山選手

春の九州大会王者の神村打線にどのように挑んでいくのかが見所です!!


鹿児島大会では、粘りの野球を見せた神村学園が優勢のようにも思えますが、


京都成章も激戦区を勝ち上がってきた実力は相当です!!



・Dブロック


彦根東ー波佐見
高岡商業ー東海大菅生
青森山田ー彦根東と波佐見の勝者



なかなかの激戦といってもいいですね。。。

注目は、西東京大会で日大三、早実に勝った
東海大菅生


そして、
センバツ出場した高岡商業


両校とも、圧倒的な打撃力に投手層がかなり厚いです。


この試合に勝ったチームがベスト8に行くのではないかと予想していますが


青森山田も打線は申し分ありまえん。





スポンサードリンク




・Eブロック


済美ー東筑
藤枝明誠ー津田学園
作新学院ー盛岡大附
松商学園ー土浦日大



夏連覇を狙う作新学院と
センバツベスト8盛岡大附の対戦が見所



盛岡大附の植田選手、比嘉選手が中心の強力打線に
平松選手、臼井選手の厚い投手陣


どの打順からでも点が取れる作新学院
エースの大関選手、急成長している篠原選手
盛岡大附を抑える力は十分に持っています



予想するのが烏滸がましいです


・Fブロック


前橋育英ー山梨学院
日大山形ー明徳義塾
木更津総合ー日本航空石川
開星ー花咲徳栄



かなり激戦。。。

まず前橋育英の140キロカルテットは無視できません。
皆川選手、丸山選手、根岸選手、吉澤選手
この投手を中心とした守りは堅いですし、

打撃のほうも粘り強いいやらしい攻め方をします!!


次に名門、明徳義塾

去年の夏に満塁ホームランを放っているプロ注目の
西浦選手を中心に分厚い打撃が持ち味です!!


木更津総合の山下選手
花咲徳栄の清水選手、綱脇選手



今大会の好投手が一気に登場する激戦区です



・Gブロック


聖光学院ーおかやま山陽
早稲田佐賀ー聖心ウルスラ
広陵ー中京大中京
横浜ー秀岳館



初戦から注目校同士の対決

まずは広陵

エースの平元選手、キャッチャーの中村選手を中心にまとまったチーム

中村選手はプロも注目するスラッガー


中京大中京も伊藤選手など実力のある選手が揃っている


そして、1回戦から対決するにはもったいない組み合わせの
横浜VS秀岳館


今大会注目ナンバーワン、横浜の増田選手や
2年生の万波選手、長南選手
1年生投手の及川選手など


タレント揃いの横浜高校


対する秀岳館も
田浦選手、川端選手のW左腕
木本選手、廣部選手の強力クリーンアップ


まさに優勝候補同士の対決!!


・Hブロック


興南ー智弁和歌山
大阪桐蔭ー米子松蔭
滝川西ー仙台育英
日本文理ー鳴門渦潮



まずは興南
2010年に春夏連覇を達成した強豪校です。
1年生投手の宮城選手に切れ目のない打線
投打がかみ合えば勝ち上がっていく可能性もあります


そして、智弁和歌山の打線も強力!!


沖縄と和歌山の対戦成績は
和歌山が4勝、沖縄が1勝

そして、
何と言っても2012年の春夏連覇を達成し、
2度目の春夏連覇を狙う
大阪桐蔭


140キロを超える投手がエースの徳山選手を含め5人も!!

そして、切れ目のない強力打線で相手を圧倒します!!


2015年準優勝の仙台育英
2009年準優勝の日本文理


実力校が固まったブロックで
勝ち上がるのは大阪桐蔭なのかなとおもいますね



・ベスト8校予想まとめと今大会の注目選手


Aブロック 神戸国際大
Bブロック 二松学舎大
Cブロック 京都成章
Dブロック 東海大菅生
Eブロック 作新学院
Fブロック 花咲徳栄
Gブロック 秀岳館
Hブロック 大阪桐蔭


こればかりは独断と偏見なので
あくまで参考程度に


そして、今大会注目の選手もまとめてみました

2017年高校野球の注目選手を一挙紹介!!投手編
2017年夏の甲子園に出場する注目選手を紹介!!打者編


ぜひ注目選手をチェックしてみてください


準々決勝以降は、試合終了と同時に抽選しますので
とりあえずベスト8までの抽選をもとに予想してみました。


抽選次第ではあるのですが、ベスト8の予想の中から

優勝予想は
大阪桐蔭

それを追うのが
秀岳館
花咲徳栄



ダークホースが
東海大菅生



という感じですかね!!

最後に本の紹介を


大阪桐蔭が毎年強い理由はこの本から!!



それでは最後までご覧いただきありがとうございました

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です