高校通算本塁打の数え方は!?やはり清宮選手の実力は本物

どうもこんにちは!!

清宮選手が高校通算本塁打
歴代1位となり、話題を読んでいます。


今回皆様に考えてほしいことがあって


それは
高校通算本塁打の考え方


「そもそも高校通算本塁打の数え方ってどうしているの?」

といった疑問も解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


・高校通算本塁打が生まれた理由



高校通算本塁打を数え始めたのは

KKコンビ(PL学園の桑田・清原)がきっかけだと言われています。


メディアが彼らの練習試合を含む成績を雑誌に掲載したことから
今にまで受け継がれてきた数字です


その後、松井秀喜選手や中田翔選手などのスラッガーも
数え始められました。



しかし、この高校通算本塁打の数え方は

練習試合と公式戦を含む本塁打の数

ということを忘れてはいけません!!


・高校通算本塁打ランキング



現時点での高校通算本塁打ランキングは(清宮選手を除く10人)


山本大貴107本 神港学園-JR西日本

黒瀬健太97本 初芝橋本-ソフトバンク

伊藤諒介94本(1) 神港学園-法大-大阪ガス

中田翔 87本(4) 大阪桐蔭-日本ハム

大島裕行 86本(1) 埼玉栄-西武

横川駿 85本 神港学園-立命館大-王子

鈴木健 83本(1) 浦和学院-西武-ヤクルト

中村剛也 83本 大阪桐蔭-西武

高橋周平 71本 東海大甲府-中日

奥浪鏡 71本 創志学園-オリックス


()内は甲子園での本塁打です


もう一度言いますが、
高校通算本塁打は練習試合もカウントされます


つまり、高校通算本塁打を増やすには

・1年生からレギュラーで試合に出場し続けること
・試合数を多くする(練習試合を増やす、勝ち続ける)
・練習試合のホームグラウンドが狭いほうがいい


といった条件がでてきますね



ちなみに、
高校通算本塁打ランキングが多い

神港学園のグラウンドは

両翼85m、センター95mという広さ

(一般的な球場は両翼95m前後、センター120m前後)


つまり、プロのスカウトも
この高校通算本塁打記録は
あくまで目安としてしか見ていないのです


スポンサードリンク




・結論、清宮選手はやはりすごかった





結局この高校通算本塁打を見て、


私の結論は

「清宮選手すげーーな!!」ということ


なぜかというと、


清宮選手は高校入学前から
注目を集めていたスラッガーです


つまり、

相手投手は打たれないように清宮対策をしてくる
ということ



高校入学前に、清宮対策されるということは
もちろん
ホームランを簡単に打たせてくれないということ



仮に私が高校通算60本塁打の選手としましょう。


だいたい30本塁打に達した時点で
相手投手から対策されていくのかなと思います。



仮に練習試合だけ本塁打を重ねても
相手チームからは対策もされず、
ある意味打ち放題という感じになるかと思います。




それを踏まえると清宮選手は
・高校入学前から清宮対策されている
・西東京だけでなく、全国のチームから対策されている
・公式戦だけでなく、練習試合から厳しい攻めを受ける


などなどを含め

高校通算本塁打歴代1位
となっているのです!!



今回の記事はかなり独断と偏見があったかと思いますが
お許しください。。。



それでは最後までご覧いただきありがとうございました。


以下の記事も併せてご覧ください
キャッチャーボークサヨナラ負け!?そのルールを解説!!

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です