西川愛也選手(花咲徳栄)の出身中学は?ドラフト上位の可能性有り?

どうもこんにちは!!


すごくいい打者を見つけたので紹介します!!


今回紹介するのは
3年連続甲子園出場を決めた

花咲徳栄
西川愛也選手です

スポンサーリンク


・西川選手のwiki風プロフィール!!名前の読み方は?


名前:西川愛也(にしかわまなや)

出身:大阪府堺市

身長:180cm

体重:84キロ

右投げ左打ち(外野手)

出身中学:金岡南中学校(浜寺ボーイズ所属)



小学校の時に野球を始め、
6年生にはオリックスJr.にも選ばれています。



実は小学校のチームも
あの有名な
長曽根ストロングス
(早速ホームページで西川選手が紹介されています)



中学では浜寺ボーイズに所属

OBには、同じ花咲徳栄で2
つ上の先輩である
大瀧愛斗選手(夏の甲子園ベスト8のときのセンター)
北条史也選手(光星学園で3季連続準優勝のショート)


などなど

有名選手を輩出しているチームです。



高校は、大阪を離れ、
埼玉の花咲徳栄に進学


1年の秋からメンバー入りを果たし、

2年の春のセンバツ大会では4番を務めていました。


その時の成績が

4打数2安打
打点2

と活躍しました
(初戦の秀岳館に敗退)


続く出場した夏の甲子園でも4番を務め

10打数6安打
打点4
盗塁2


これまた、大活躍
(チームは準々決勝で作新学院に敗退)

大舞台でも物怖じせず、自分のバッティングができるところが
すでに大物の予感がしますね


それでは、西川選手の能力について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




・西川選手の能力を解説!!50m走の記録は?


魅力はなんといってもバッティングですが、

バッティングについて解説する前に
足の速さにも注目してほしいと思います




この当たりは特に相手中継ミスもなかったのですが
ランニングホームランとなってしまいました。


50m走は6.2秒と特別早いわけでもないですが、

ベースランニングの技術や
加速度が他の選手と比べて凄まじいです



西川選手も引退した赤星選手の走塁を
研究しているそうで



バッティングだけではない点も注目してほしい思います。


そして、注目のバッティングの動画はこちら




西川選手のすごいところは

どんなボールでも
自分のミートポイントで打撃することができるという点です



ストレートでも変化球でも
上体が崩れることなく、自分のスイングができています。



また、スイングスピードの速さに加えて
手首の返しがものすごい技術だなぁと感じています



というのも、西川選手の打球の特徴は
ボールがぐんぐんと伸びていくこと


手首の強さとボールに対してバットを入れる角度が
絶妙なうえ、伸びていく打球が打てているのだと思います。



ホームランの数は少ないですけど、

将来プロ野球界でも
首位打者を狙える選手だと思いますね


それでは最後までご覧いただきありがとうございました。


同じチームメイトの清水選手の記事も併せてご覧になってください
清水達也選手(花咲徳栄)の出身中学は?球速・球種は?

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です