添田真聖(作新学院)の出身中学は?兄弟揃ってすごい選手?




どうもこんにちは


夏の栃木県大会7連覇を達成し、

夏の甲子園2連覇を目指す作新学院


今回は作新学院を引っ張るキャプテンの

添田真聖選手を紹介します。


私としても、2013年から?注目していた選手でしたので
みなさんにも是非紹介したいと思います。

スポンサーリンク


・添田選手のwiki風プロフィール!!


身:栃木県日光市

身長:170cm

体重:67キロ

右投げ左打ち(ショート)

出身中学:日光市立今市中学校(栃木下野リトルシニア所属)



添田選手の父親が少年野球の監督をされていて
その影響で野球を始めたそうです。


ちなみに両親ともに
体育の先生でそのDNAを受け継いだかのように
身体能力は抜群にいいです!!


中学では下野リトルシニアに所属

当時の成績を並べると

・2012年リトルシニア日本選手権大会(ベスト8)
・2012年ジャイアンツカップ(2回戦敗退)
・2013年リトルシニア全国選抜野球大会(ベスト4)
・2013年リトルシニア日本選手権大会(2回戦敗退)
・2013年ジャイアンツカップ(ベスト8)
・2014年リトルシニア全国選抜野球大会(3位)



その成績は一目瞭然


日本代表に選ばれ、そこでも主将として
チームを引っ張ってきました。



高校は作新学院に進学

去年の全国制覇のメンバーにも選ばれ、

春のセンバツでは選手宣誓も務めています。



最後の夏の栃木県大会では

25打数10安打
打率.400
打点8


優秀選手にも選ばれています!!



そして、私が2013年から注目している理由は

添田選手のお兄さんである

添田真海(まなみ)現明治大学野球部が作新で1年生から
レギュラーだったんですね!!





そして、添田(弟)選手が作新に入学したと聞いて
すぐに注目していました。


ちなみに兄の方の打撃をご覧ください(4分15秒〜)




長くなりました、
添田選手(弟)さんの実力を紹介していきます

スポンサードリンク




・添田選手の実力を解説



バッティングフォームは兄弟瓜二つ


バットを揺らして、タイミングをはかり、

広角に打てるバットコントロールが持ち味です


特に逆方向への打球が、
普通の右打者と変わらないほど鋭く、伸びていきます


体は小さいのですが、
体いっぱいつかった打撃フォームに


ボールをバットにのせて打つ技術が本当に素晴らしいです



また、もう一つ注目してほしいのが

守備です



ピッチャーの投げる球種、キャッチャーの配球に合わせて、

一球一球守備位置を変えています


そして、ポジショニングがいいおかげで、
三遊間、二遊間を抜けそうな打球も捕球してアウトにします


周りは

「守備範囲が広いなぁ、いいところ守っているなぁ」


という声がありましたが、


計算され尽くしたポジショニングのおかげだと私は思っています。



試合を見る機会がある方は是非

・広角に打ち分けるバットコントロール
・計算されているポジショニング


に注目してみてください


それでは最後までご覧いただきありがとうございました。


同じチームメイトの記事もご覧ください
鈴木萌斗選手(作新学院)の出身中学は?wikiプロフィールで紹介
作新学院大関秀太郎選手の経歴,出身中学,実力等を紹介!!

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です