石川翔(青藍泰斗)選手の球速や球種は?実はハーフ?


出典:http://www.hb-nippon.com/column/46-soukatsu/10557-20160601no307t


どうもこんにちは!!


今回も注目選手を紹介していきたいと思います。


今回取り上げる選手は


栃木の青藍泰斗高校から

石川翔選手を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


・石川選手のwiki風プロフィール


出典:スポーツ報知

名前:石川翔(いしかわしょう)

出身:東京都板橋区

身長:179cm

体重:82キロ

右投げ左打ち(投手)

出身中学:赤塚一中(板橋シニア)

日本人の父とフィリピン人の母の血を持つハーフ


小学生のときから硬式野球に触れており、

6年生の頃には
オリックスバッファローズJr.にも選出されています


高校は栃木佐野市に学校がある

青藍泰斗(せいらんたいと)高校に進学


2013年栃木県大会決勝を見て、
初めて知った名前でした。
(作新学院に3-2で敗れる)



県内ではかなり有名な高校ですね


そんな青藍泰斗で、

2年生の春からベンチ入りを果たし、

背番号8をつけて

外野手兼投手としてチームを引っ張っていきました


出場した関東大会で、
その夏甲子園に出場した前橋育英相手に

146キロを計測して注目を集めました。



この夏の大会でも

全3試合11回と1/3を投げ

被安打5
自責点2
防御率1.46


仕上がりいい投球を見せています。



次の相手が県内7連覇を目指す作新学院です


それでは、石川選手の能力について解説していきます

スポンサードリンク




・石川選手の球速や球種は?能力を解説!!



実はつい先日、MAX球速を更新しました。


夏の準々決勝で見せたストレートの球速は
MAX151キロ


県内最速であり、北関東ナンバーワン投手と言っても
過言ではないかと思います。


球種は
・ストレート
・スライダー
・カットボール
・チェンジアップ
・カーブ



それでは、秋大会準決勝の投球をご覧ください



セットポジションからの投球で、
テイクバックが大きく、ボールに力が伝わっています。


スムーズな体重移動と腕の振りが素晴らしく
完成されたフォームといってもいいでしょう!!


変化球のキレはもちろん、何より、
ストレートの質が高いので、各打者も打ち崩すのはむずかしいかと思います


この動画は秋大会のものですが、

この夏の大会さらなる進化を遂げていますので、
是非注目してほしいと思います。



それでは最後までご覧いただきありがとうございました。


準決勝で戦う作新の選手の記事も併せてご覧ください
作新学院大関秀太郎選手の経歴,出身中学,実力等を紹介!!
鈴木萌斗選手(作新学院)の出身中学は?wikiプロフィールで紹介

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です