キャッチャーボークサヨナラ負け!?そのルールを解説!!

どうもこんにちは


高校野球徳島県大会で珍しいプレーが生まれました。


それは

キャッチャーボークによりサヨナラ負け


ピッチャーによるボークはありますが、

キャッチャーボークというのを聞いたことがない人がほとんどでは?


今回のことを機に、キャッチャーボークというものを理解していきましょう

スポンサーリンク


・キャッチャーボークの動画


キャッチャーボークによってサヨナラ負けが起きた試合をご覧ください




では今度は同じような動画をご覧ください
(松井秀喜の動画です)





キャッチャーボークとはつまり

故意四球=敬遠のときにしか適用されません



では敬遠の際に何をしたらキャッチャーボークになるでしょうか?

スポンサードリンク




・キャッチャーズボックスの重要さ




この画像に描かれている
キャッチャーズボックス



ボークを宣告する場合を定めた規則に

「故意四球が企図されたときに、
投手がキャッチャースボックスの外にいいる捕手に投球した場合」



投手目線での解説ではありますが、

キャッチャー目線で言うと、

「ピッチャーがボールを離すまで、キャッチャーズボックスを出てはいけない」

と思ってもらえればいいかと思います。



そして、気をつけたいのが、

敬遠ではない場合


例えば、

相手チームが

盗塁、エンドラン、スクイズ等を警戒して
ボールを外した場合



この場合はキャッチャーズボックスを外しても大丈夫です



ついでに、もう一つキャッチャーボークのケースがありますので
覚えておきましょう


それは



スクイズやホームスチールするために、三塁ランナーがが本塁に突入したとき、
捕手がキャッチャースボックスから飛び出して
打者が投球を打つのを妨害した場合



これに関しては打撃妨害と似ていますね



打撃妨害も
バットがキャッチャーのミットなどにぶつかったら生じることです


打撃妨害と何が違うか


例えば、ランナー2塁にいるとしましょう



ヒットエンドランでバッターがバットを振った時に
キャッチャーミットなどに当たった場合は



キャッチャーボークとなり

ランナーは進塁
バッターも1塁

つまり、キャッチャーボーク+打撃妨害の罰が科され、

1.3塁という状況が生まれます


一方でランナーが走っていなくて、
バットがキャッチャーミットなどに当たった場合は

バッターだけが1塁に出塁し、

状況としては

1.2塁となります



複雑になりましたがキャッチャーボークをまとめると


故意四球のときや打撃を妨げるためにキャッチャーズボックスから出ること

とおもっていていいでしょう!!

それではもう一度キャッチャーボークになった動画で確認してみてください



それでは最後までご覧いただきありがとうございました


野球のルールに関して以下の記事もご覧ください
高校野球のコールドゲームの条件を理解しよう!!

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です