廣部就平選手(秀岳館)の出身中学,経歴,能力など紹介!!

画像引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/11510905/


どうもこんにちは!!


今年の注目選手を取り上げていきたいと思います。


今回取り上げる選手は

3季連続甲子園出場を果たしました



秀岳館高校から

廣部就平選手を紹介していきたいと思います


スポンサーリンク


・廣部選手のプロフィール


名前:廣部就平(ひろべしゅうへい)

出身:京都府宇治市

身長:171cm

体重:82キロ

右投げ右打ち(内野手)

出身中学:宇治市立宇治中学校(オール枚方ボーイズ)



小学校のときに野球を始め、

中学時代には大阪のオール枚方ボーイズに所属


同じチームメイトの木本選手


報徳学園の小園選手神頭選手

大阪桐蔭の藤原選手などがいました

(彼らは廣部選手の後輩)



高校は熊本の秀岳館に進学!!

去年の春、夏の甲子園ともに

6番サードとして試合に出場


春のセンバツ2回戦(南陽工戦)でホームラン

続く準々決勝(木更津総合戦)では、
9回2アウト1点ビハインドの場面で

起死回生の同点タイムリーヒット


続く夏の大会初戦(常葉菊川戦)でもホームランを放っています。


大舞台でしっかり結果を残している廣部選手


そんな廣部選手のすごさをみてみましょう


スポンサードリンク




・廣部選手の能力



やはり、持ち味はバッティングでしょう!!


という前に、筆者としては、
サードの柔らかい、安定した守備も見て欲しいです



廣部選手は、実は柔軟性に優れた選手で、
大柄な体格ながら、守備では軽快な動きを見せます。



番外編で注目してほしいことは、
ネクストバッターズサークルでストレッチをしていること


左右を足を前後に同時に伸ばしたり、
開脚(180度)したりするので、その柔軟性も注目です




それでは、バッティングの凄さについて迫っていきます。


まずは以下の動画をご覧ください

2016年夏の常葉菊川戦




2016年春の南陽工戦



安定した軸に、力強いスイングに加え、

やはり一番のポイントは柔軟性ですね



空振りの少ない打撃に幅のある選手です。



安定感に加え、無駄のない打撃フォームなので
鋭い打球をどんどん飛ばせています。


ただ、去年までのバッティングだけで評価すると


甘いストライクボールに打ち損じしているのかな

という印象を受けました。


一発で仕留める技術をこの冬に兼ね備えていれば、


清宮選手や安田選手に肩を並べる
すばらしい打者になるかと思います。


それでは最後までご覧いただきありがとうございました。


同じ秀岳館の2人の投手も取り上げていますので
ご覧ください
秀岳館川端健斗選手は2017年ドラフト注目投手!!
秀岳館の田浦文丸選手はドラフト候補の左腕!!出身,読み方は?

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です