棚原孝太選手(滋賀学園)の出身中学,ストレートの最速は!?

画像引用元:https://twitter.com/okdttkk


どうもこんにちは!!


梅雨もあけ、本格的に夏がやってきたかと思います。





さて、今回取り上げる選手は、

2年連続センバツ出場の
滋賀学園から

棚原孝太選手を取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク


・棚原選手のプロフィール


名前:棚原孝太(たなはらこうた)

出身:沖縄県浦添市

身長173cm

体重:66キロ

右投げ右打ち(投手)

出身中学:浦添市立浦西中学(浦添ボーイズ)



筆者も沖縄出身ということもあり、
勝手に親近感を沸いています笑


浦西中時代には、浦添ボーイズに所属。
(以前は浦添ブレーブボーイズだったような。。。)



当時の成績を調べてみたのですが、
見つからなかったですね。。。


というのも、同じ滋賀学園のチームメイト

神村月光選手が所属していた、
北谷ボーイズがずば抜けて強かったということもありますね。



棚原選手は、中学時代から投手として活躍していました。


浦西中学ということで、

小学校はおそらく

浦添市立前田小学校か当山小学校かなあと思います。


高校は沖縄を離れ、滋賀学園に進学

1年の秋からベンチ入りしており、


去年のセンバツ智弁学園戦で
甲子園のマウンドを経験しています。


2回、打者8人に対し、

被安打1
奪三振2
四死球2


という投球内容でした。


夏の大会では、ベンチを外れてしまいましたが、

新チームで迎えた秋の大会で再びベンチ入りを果たし、


棚原選手が力を発揮した試合が

近畿大会での報徳学園戦


報徳学園エースの西垣選手と投げ合い



被安打3
失点0
8奪三振


と公式戦初完封勝利


次の試合の履正社戦では、
5回に打たれはしましたが、癖のあるやっかいな控え投手である印象を受けました。


そして、出場したセンバツでは
全3試合(2回戦は再試合)
23イニングを投げ

自責点2
奪三振16
被安打15



エースの故障をカバーする
素晴らしいピッチングをみせてくれました




それでは、棚原選手の能力に迫っていきます。

スポンサードリンク




・棚原選手の能力


小柄で細身ながらも、打者を翻弄する投球術を持つ棚原選手


ストレートは常時120キロ後半
と至って普通であるが


スピンの効いたきれいな回転をするストレートは
球速以上に速さを感じるボールです。



球種は
・ストレート
・カーブ(宜野座カーブ)
・チェンジアップ
・縦横スライダー



があるように思えます。


どの球種からでもストライクが取れるコントロールを持っており、


投球術、投球幅が広い投手です


完封勝利を収めた報徳学園戦の動画が以下になります




グラブを持つ腕を高くあげ、体がすぐに開かず、
下半身、上半身ともにタメを作ってボールを投げることができています。


球持ちのよい投球に、抜群のコントロール
すべての投手のお手本となる技術だと思います。




それでは最後までご覧いただきありがとうございました 



同じチームメイトの神村選手、後藤選手の記事も併せてご覧ください
後藤克基選手(滋賀学園)はドラフト注目捕手!!そのプロフィールは?
滋賀学園の神村月光選手はドラフト候補!!出身中学は??

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です