田中雷大選手(履正社)はドラフト注目投手!!名前の読み方は??

画像引用元:https://www.kokoyakyu.jp



こんにちは!

春のセンバツ開幕もそろそろですね


当サイトでもより多くの注目選手を
紹介できるよう努めて行きます。



さて、今回紹介する選手は

明治神宮大会王者

履正社から

田中雷大選手を取り上げてみます。


スポンサーリンク


・田中選手のプロフィール


名前:田中雷大(たなからいた)

出身:兵庫県川西市

身長:177cm

体重81cm

右投げ右打ち(投手)

出身中学:川西市立明峰中(兵庫川西)




中学時代は、軟式野球部ではなく、

ヤングリーグの兵庫川西に所属


履正社に進学したものの、

昨年の秋大会まで
ベンチ入りすらしていなかった遅咲きの選手



大阪府大会から明治神宮大会までの成績は

全8試合28回と2/3を投げ

失点9
防御率1.88
四死球率1.88



と控え投手ながら、結果を残し始めました。


明治神宮大会では
打者としてもホームランを記録しています。


甲子園では外野手起用ももしかしたら
あるかもしれません


それでは、田中選手の能力について迫ってみます

スポンサードリンク




・田中選手の能力




がっちりとした体格から投げる

ストレートの球速は


MAX146キロ



控え投手とは思えないスピードですよね


球種は
・ストレート
・カーブ
・スライダー
・フォーク


という情報が入っています。


田中選手の動画もありますので
以下からご覧ください




ノーワインドアップからの投球

腕の振りはしなやかで
ボールにも力があります。


気になったのがコントロールです



146キロのストレートを投げながらも、


奪三振率が1試合平均5個と


意外とすくない。



ストライクが入らないというコントロールの悪さではなく、


キャッチャーの構えたところに投げるコントロールが
まだないのかなぁという印象を受けました。


平均被安打も10本と
ストライクがバッターにとって打ちやすいコースにきているのかもしれません



ストレート自体に力があるので、

バッターはせいぜいファールにするくらいなのですが、



1打席の間で、バッターがタイミングあってきて
ヒットを打たれているという印象がありますので



細かいコントロールがつけば、

開花する投手だと思います。



この冬を越えて、
もしかしたら甲子園で


150キロを出すかも


と期待しています。



それでは最後までご覧いただきありがとうございました



同じ履正社のエースも取り上げましたので
ご覧ください
竹田祐選手(履正社)はドラフト注目投手!!球種,球種など紹介

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です