小園海斗選手(報徳学園)はドラフト注目選手!!出身中学など紹介

画像引用元:http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1678802.html



こんにちは!今回も注目選手を取り上げていきたいと思います



今回紹介する選手は


兵庫の報徳学園から

野手の小園海斗選手に焦点を当てていきたいと
思います

スポンサーリンク


・小園選手のwikiプロフィール


名前:小園海斗(こぞのかいと)

出身:兵庫県宝塚市

身長:177cm

体重:73キロ

右投げ左打ち(ショート)

出身中学:光が丘中学(オール枚方ボーイズ)



地元甲子園での野球観戦をきっかけに

小学1年生のときに野球を始めました。


中学時代に所属していたチームが
光が丘中学の軟式野球部ではなく


今や、中学硬式で知らない人はいない
オール枚方ボーイズです


熊本秀岳館の選手のなかにオール枚方出身の選手は
多いと思います。


中学3年の時には
全国制覇を達成し、


同年11月には、U-15の代表選手に選出され
世界大会優勝という実績もあります。



報徳学園に入学直後に

1番ショートの座を獲得


1年の春から結果を残し、

監督の永田監督も絶賛しています。

新二年生ながら出場したセンバツでは

全4試合に先発

18打数9安打
打率.500
本塁打1
打点5



と大活躍


準決勝の履正社戦では
4安打の固め打ちで


その非凡なセンスを披露しました。


スポンサードリンク




・小園選手の能力



すでにプロのスカウトも唸らせる小園選手の実力


一言にまとめますと
走攻守そろったバランスのある選手


ただ、それだけを述べると、
いかにもどこにでもいる選手と思われるのですが



その走攻守が、すでにトップレベルにいるのが
小園選手です。



まずは走力

50m走は
新2年生ながら5.9秒で走り切ります



50mは直線の走りなので、
たまに野球の能力に生かされない場合もありますが、


小園選手のベースランニング技術もすでにすごい。


走塁に関して言えば、
日ハムの西川遥輝選手のような選手です。




守備に関しては、
グラブさばきが優れているのは、もちろん
ショートの深い位置からも
しっかりアウトにすることができる

守備範囲の広さ
肩の強さ
があります。


守備範囲の広さについては、走塁技術に加え
反応がいいということで繋がってきますが


肩の強さを示すデータは

遠投105mという情報があります



高校生で100mを超えてくる選手はまず
トップレベルの選手です。


例えば、投手が100mを超える遠投ができれば、
ストレートの球速は130キロ後半と

甲子園に出てくるピッチャーの平均は行くかと思います。



案外投手をさせても面白いかもしれませんね笑



それでは最後に打撃の方を見ていきます。


シャープなスイングに加え、
体勢を崩されてもしっかりボールに食らいついていく
対応力があります。



外野の頭を超えるような打球は少ないにしても
鋭い打球を飛ばし、

内外野の間をしっかり抜いていく素晴らしい打者です。



そして、何より
勝負強さ、メンタルの強さが売りだと思います。


U-18のときの小園選手をご覧ください



それでは最後までご覧いただきありがとうございました



同世代の注目選手を取り上げてましたので
以下からご覧ください。

早稲田実業 野村大樹選手
大阪桐蔭 根尾昴選手

スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です