かわいい顔の竹田祐選手(履正社)!!球種,球種などwiki風に紹介

※写真引用元:https://baseballgate.jp/p/15491/


こんにちは!

今回も2017年注目選手を紹介します!!



今回取り上げる選手は

明治神宮大会王者、センバツ準優勝の履正社から
エースの竹田祐選手について紹介します。


スポンサーリンク



・竹田選手のwiki風


名前:竹田祐(たけだゆう)

出身:大阪府大東市

身長:182cm

体重:83キロ

右投げ右打ち(投手)

出身中学:大東市立住道中(生駒ボーイズ)



大阪の大東市内の学校に通っていながら、
奈良の生駒ボーイズに所属していました。


成績等調べた結果、大きな実績はなかったですね


高校は甲子園名門校の履正社高校に進学


一年の秋からレギュラーとして試合に出ていましたが
当時のポジションはなんとショート


2年の春に控え投手としてもメンバーに入っていました。


もともと身体能力が高い選手であるということが
伺えますよね


新チームとなった秋の大会からは
エースナンバーを背負ってチームを引っ張ってきました。


チームの秋季大会成績は
大阪府大会準優勝
近畿大会優勝
明治神宮大会優勝



そして出場したセンバツでは
準優勝

(史上初大阪同士の決勝戦)



竹田選手の個人的な成績はといいますと


近畿大会以降の成績では
全7試合44回と1/3を投げて

四死球14(一試合平均2個)
失点5
防御率1.02


という安定した投球を全国の舞台でも披露しました。


そしてセンバツでは

全5試合
41イニングと1/3を投げ


自責点16
防御率3.48
四死球4



試合を作れる投手にまで成長しています



さて、そんな竹田選手の何がすごいのか
次の章で詳しく解説していきます。

スポンサードリンク




・竹田選手の能力


はじめに、竹田選手の体格がすでに超高校級


182cm83キロから投げるボールは
普通の高校生ならそう簡単には打てないと思います。



ストレートの球速は
MAX145キロ(明治神宮大会決勝で計測)


球種は
・ストレート
・スライダー
・カーブ
・フォーク


という情報があります。


そして元野手ということで
マウンドさばきが非常にうまい選手です


投球フォームは以下の動画からご覧ください



ノーワインドアップから投球


はじめ見たときから
肘の使い方のうまさ、柔軟さが見受けられる投球です


腕をムチのようにしならせ
スピンの効いたボールを投げています。



スライダー、カーブのキレがとてもよく、
加えて常時135キロ以上のストレートをこの時点で投げられる投手は
なかなかいないですね



コントロールは高低まだばらつきはあるものの、
数字からわかるように、コントロールが悪い投手ではないことがわかります。



失投で打たれることだけはなくしてほしいかなあと思いますね



動画の1:40〜くらいからセットポジションでの投球になりますが
通常時に比べてもボールの質は大して変わりません。



むしろセットポジションの方が、コントロールにまとまりがあるのでは?
と思ったくらいです。笑



球持ちがよく、ボールも速い投手なので
甲子園に出場するチームも打ち崩すのが大変だと思います。


ちなみに、竹田選手の顔立ち(ベビーフェイス)が
世間からかなり人気のようです


ある意味これからも注目浴びる選手ですね!!


それでは最後までご覧いただきありがとうございました



同じ大阪の注目選手も併せてご覧ください
徳山壮磨選手(大阪桐蔭)の球速や球種,経歴などwiki風に紹介!!
藤原恭大選手(大阪桐蔭)の読み方や出身中学は?wiki風に紹介



スポンサーリンク

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です