長谷川拓帆選手(仙台育英)の球速や球種は?出身中学はどこ?


※引用元https://t.co/GVp9ceYpZQ”

どうもこんにちは!!


今回も夏の甲子園に向けて
注目選手を取り上げていきたいと思います。



今回紹介する選手は

仙台育英高校から
投手の長谷川拓帆選手です。



基本情報から長谷川選手の能力まで
紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


・長谷川選手のwiki風プロフィール!!名前の読み方は?


名前:長谷川拓帆(はせがわたくほ)

出身:秋田県秋田市

身長:177cm

体重:82キロ


左投げ左打ち(投手)

出身中学:桜中学校(軟式野球部)


小学6年生の頃に

楽天ジュニアに選抜されています。


桜中学校時代は軟式野球部に所属、


中3のときにキャプテンでエースとして
全国大会に出場しています。




高校は
甲子園名門校の仙台育英に入学


長谷川選手が1年生の頃に、
仙台育英は甲子園準優勝果たしていますね。


長谷川選手自身は
2年の春からベンチ入りを果たしています。



新チームになった2年の秋には
背番号が10でありながら、


宮城県大会すべての試合で先発


宮城県大会優勝
東北大会優勝


とチームに貢献しました。


その時の成績が
全9試合すべてに先発し
61回を投げ(明治神宮大会を含む)


被安打25(一試合あたり3本以下)
失点6
防御率0.89



とかなり安定したピッチング!!


しかし出場したセンバツは初戦敗退。。。


春の悔しさを晴らしに
臨んだ夏の大会では

全7試合(準決勝再試合を含む)44イニング2/3を投げ

失点7
被安打24(1試合平均3~4安打)
防御率1.01


と素晴らしいピッチングをみせてくれました!!



東北勢初の夏の甲子園制覇を目指します!!


それでは長谷川選手の能力を解説していきます!!



スポンサードリンク




・長谷川選手の能力を解説!!球速、球種は?



冒頭でも紹介したように

高校生ながらかなりがっちりした体格をしています。


ストレートの球速は
MAX143キロ


左投手にしてはかなり速いです。


球種は
・ストレート
・カーブ
・スライダー
・チェンジアップ
・スプリット



と球種もかなり豊富です。


投球フォームは以下の動画からご覧ください。



スリークォーター気味の投げ方です

ノーワインドアップで
重心を低くしてボールを投げています。



腰をひねり体をギリギリまで開くことがなく
すごく球威のあるボールを投げています



もともと地肩が強いと思います。


上半身中心にボールを投げているため、
セットポジションになってもある程度
一定の球速を投げることができています。



逆に言えば、下半身をもっと使ったピッチングができれば
もっと球速は伸びると思います。


下半身がまだ上半身の力を支えきれていないため、
ボールを投げた後に、足が動いていることがわかります。



腰と肩のひねりを利用した投げ方なので、
上半身に負担のかかる投球になるかと思います。

ゆえにコントロールには荒さがやや残っています。




下半身強化と下半身をうまく使った投球ができれば、
今よりもっとコントロールは安定しますし、球速も伸びると思います。



甲子園でどれほどの投球をみせるのか
本当に楽しみです。


それでは最後までご覧いただきありがとうございました


今大会出場する高校の中から、
注目投手をまとめてみましたのでご覧ください!!
2017年高校野球の注目選手を一挙紹介!!投手編

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です