中京高校の今井順之助選手はドラフト候補の強打者

豪中京高校(岐阜)から


2016年のドラフト候補が出てきそうです



今回私が取り上げる注目選手は



中京高校の


今井順之助選手です



彼の打撃はとにかくすごい


スポンサーリンク




・今井選手の基本情報



野球を始めたのは小学校3年生だそうです



小学校6年生のときには
ドラゴンズJrにも選出されています



プロ野球各球団のジュニアチームを結成し
大会を行うイベントに選ばれました



詳しくはこちらから
NPB12球団ジュニアトーナメント




小学生の頃からすでに全国級の実力を持っていますね



中学校に入ると野球部には入部せず


硬式ボールを使用する
シニアリーグに所属




高校入学した後の春の大会では


早速ファーストとしてレギュラーの座を勝ち取りました



一年生の夏には

すでに4番バッターを任され




打率.462、打点4と大役を果たしましたが
チームが甲子園に行くことはできませんでした




世代が変わった秋の大会では


2015年のドラフト候補である


県岐阜商の高橋純平選手から




右翼ポール直撃のホームランも放っています



2年生の夏大会前までのHR数は

32本



これから北信越秋季大会や



冬場トレーニングを経て



HR数を量産するに違いありません

スポンサードリンク




・今井選手の能力



a0001_014256
右投げ左打ち


身長178cm
体重86キロ



まさに強打者の体型をしています




私の感想の前に
今井選手のバッティングをご覧ください


今井選手 バッティング



まずは構えから



オープンスタンスで重心を低く、


バットを立てて構えて


ピッチャーに合わせて始動しています



打ち損じたのかなぁというあたりも


内野の間を抜けたり、頭を越えたりしています






それは
今井選手の
スイングの鋭さと振り切っているから


だと思います



バットは振り切るものですが、案外それを実行するのは
難しいもの




もう一つ注目してみてほしいものが



ミートポイントまでのスイングの軌道です



どういうことかというと



自分のミートポイントまでボールを引きつけ


最短距離でバットを出していること



それをすることで


内外角さらには直球、変化球関係なく



綺麗な打球を飛ばせることができています



ホームランを打った打席は完璧ですが


私は、レフト前に打った打席から


ミート力とバットコントロールを兼ね備えた選手



だということがわかります




ホームランを打つパワーも持ち、


巧みなバットコントロールで
安打を積み重ねるバッティングにも


今後注目していきたいです




以下、2016年のドラフト候補の野手です
是非ともご覧ください

佐野日大の五十幡亮汰選手はドラフト候補
東邦の藤嶋健人選手はプロ注目のドラフト候補

シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です