三浦銀二(福岡大大濠)選手はドラフト注目!球速,球種など紹介

2017年のセンバツ甲子園出場校も
年明けすぐに発表されていきますね


久しぶりに今回はセンバツ出場が濃厚なチームから
注目の選手を紹介していきたいと思います。

今回取り上げる選手は

福岡大大濠から
三浦銀二選手を取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク


・三浦選手のプロフィール


名前:三浦銀二(みうらぎんじ)

出身:福岡県福岡市

身長:175cm

体重:70キロ

右投げ右打ち(投手)

筑紫丘小→筑紫丘中(軟式)→福岡大大濠





小学校3年の頃に野球を始め、
中学も軟式野球部


中学校3年生の頃に
福岡の選抜メンバーにも選ばれています。



県内外の高校から声がかかったかと思いますが
進学先は福岡大大濠高校


一つ上の先輩には阪神に4位指名をうけた
濱地真澄選手がいますね



1年の秋大会からメンバー入りしており、
その濱地選手が抜けて、
チームの主戦の座を獲得


2年の秋の大会では

福岡大会優勝
九州大会優勝


とセンバツ甲子園出場を確実なものにしました。


秋の大会成績は

11試合全てに先発

93回を投げて
完投9(うち完封5)
失点16

と完璧なピッチング内容


進んだ秋の明治神宮大会では

この夏甲子園ベスト4入りした
高知の明徳義塾相手に
被安打4の完封勝利を収めています


25年ぶりセンバツ出場をおおきく手繰り寄せました。


それでは三浦選手の能力を分析していきます。

スポンサードリンク




・三浦選手の実力



秋の大会時点でプロから注目をあつめる三浦選手


すごさの一つにまず

球速があげられるかと思います。


ストレートの球速はMAX144キロ(12月現在)


この冬トレでもう1~2キロアップしているかと思います。


球種は
・ストレート
・カーブ
・スライダー
・チェンジアップ


という情報があります。


投球フォームは以下の動画からご覧ください



ワインドアップからの投球


一度足でタメを作って
リリース寸前まで体が開くことなく投げれています。



しかし動画をみてわかるように
この日はコントロールがあまりよくありませんでした


しかしファアボールを出しながらも
無失点で切り抜けられるところも
持ち味の一つです。



ピンチになれば、ギアを変えることもできますし、
最初から全力ではなく、要所を締める
効率の良いピッチングを見せてくれます。



投球フォームをみて、
足をあげてから着地するまで
安定さが見えますので



球速はもちろん、コントロールも次第によくなっていくのかなぁと
思っています。


ただ、調子に左右されている様子なので、そこが甲子園戦い抜くためには
心配な要素にもなりそうです。




まぁこれも秋大会での動画なので、
冬を越えた後の三浦選手が非常に楽しみです。



それでは最後までご覧いただきありがとうございます。


同じ九州の好投手も取り上げましたのでご覧ください
秀岳館の田浦文丸選手はドラフト候補の左腕!!出身,読み方は?
秀岳館川端健斗選手は2017年ドラフト注目投手!!


シェアから始まる高校野球通への第一歩!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です